脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

顔(頬)の脂肪吸引で失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

顔(頬)の脂肪吸引のメリットとして第1が「小顔効果」です。

頬の脂肪のボリュームが消え、正面を向くと顔の面積が小さくなります。第2が「顔の輪郭」です。

顔(頬)の吸引は、顔の輪郭をシャープにします。第3が「たるみ予防」です。頬の脂肪が多いと老化とともに頬の脂肪が重くなりたるみが出てきますが、脂肪吸引をしておくとたるみが出にくくなります。

しかし、頬の脂肪吸引に向いていない人の場合、失敗する場合がおおくなります。例えば、頬がすでにたるみを持っている人の場合、吸引を受けるとさらにたるみが目立つようになってしまいます。

また、頬がつまめるほどでも、それが脂肪でなければ脂肪を吸引することに向いていません。歯を食いしばると、頬が硬くなるのは、それが筋肉だからです。

こういう人は脂肪量は少なく、吸引をうけてもあまり変化がありません。頬がこけている人も脂肪が少ないので脂肪を吸引することに向いているとはいえません。

施術の前に必ず医師のカウンセリングを受ける必要があります。

顔(頬)の脂肪吸引で失敗したくないなら

上手な医師・クリニックの特徴

頬の脂肪吸引というのは、ほかの脂肪吸引の施術に比べると吸引する範囲が狭いため、起きたままの状態で麻酔をうけたりするケースもあります。

麻酔注射が終わるまでは、数分間痛みがありますが、すぐに効いてきますから手術中に痛みを感じることはありません。

点滴で眠る作用のある麻酔薬を使用する場合もあり、どちらの方法がよいのかは患者によっても異なりますから、事前のカウンセリングでよく医師と相談することが大切です。

上手な医師というのは、カウンセリングで患者一人一人の特徴を診断して、最適な方法で施術を行ってくれます。

一方、経験や技術が浅い医師の場合は、麻酔に関しての説明などもきちんと行わない場合もありますし、きちんと施術に関しての説明も行わない場合がありますから、事前のカウンセリングできちんと信頼できる医師を選ぶことが大切です。

頬の脂肪吸引を行うためには、耳たぶの裏を数ミリ切開して行います。

頬までの距離が近く、耳たぶの裏ですから傷跡がわかることはほとんどありません。施術時間も20~30分程度で終わりますし、一般的に腫れやむくみなどのダウンタイムも軽くすみます。

個人差はありますが、2週間程度でむくみが解消していきますが、なかなか腫れやむくみが引かない場合には、修正手術も必要となるケースもあります。

失敗例と修正

顔(頬)の脂肪吸引に失敗しないために、その他のリスクを考えてみましょう。まず吸引を受けて顔(頬)がこけてしまうというリスクがあります。

脂肪のとりすぎが原因です。しかも脂肪細胞そのものを吸引してしまうので、施術後、こけてしまった部分を太らせようとしても、細胞がすでにないので自然に治ることが不可能になってしまっています。

脂肪細胞の減少で太れないのです。再手術で脂肪を注入することもできますが、何回も再手術が必要なやっかいな手術になります。

カウンセリングのとき、こけて見えないようにと念を押して医師に伝える必要があります。

最後に費用を考えて置きましょう。実は脂肪吸引の費用はクリニックによって大きな差があります。

8万程度から23万くらいまで大きな差があります。最安値と最高値の差がでてしまうのは、麻酔方法やサポート内容が違うからです。同じ治療法であっても治療以外の部分が異なってくるのです。

高いから大丈夫とか安いから心配、安いからお得と言った考えを捨てて、まずは麻酔方法やアフターケアの違いをしっかり判断材料にいれてクリニックを選択する必要があるでしょう。

顔(頬)の脂肪吸引の失敗

顔(頬)の脂肪吸引に失敗、「やつれる・頬がこける」なぜこういう状態になるの?

顔(頬)の脂肪吸引を行うと、やつれる・頬がこけることがあります。顔の脂肪をとりすぎてしまうことによって生じることがあり、やつれることが無いように注意した治療をする必要があります。

治療経験が多い医師を選ぶことが大切になっていて、脂肪をとりすぎた状態についてしっかりと認識しているような医師を選ぶことが大切になっています。治療後の結果を口コミなどで知ることが重要であり、比較してよい人を探すとよいです。

たるみが生じることもある

顔(頬)の脂肪吸引は、治療を受けた後に肌にたるみが出てしまうことがあります。

顔を大幅にスッキリとさせる状態に仕上げるために、大量の脂肪を取り除いた場合になりやすいトラブルであるため、大量に脂肪をとる場合には、事前にたるみに関するリスクも考えておく必要があります。

治療を終えた後に、アフターケアをしてくれるような環境での治療を選択することが重要になっているため、治療内容をしっかりと把握する必要があります。

肌がでこぼこした状態になることもある

顔(頬)の脂肪吸引は、肌がでこぼこした状態になることもあります。

脂肪の取り方によって、でこぼこした状態になることがあるため、治療が上手な医師を選ぶことが大切になっています。

また、でこぼこが出にくいような医療機器を使った脂肪吸引もあるため、治療に用いられる医療機器を比較することも重要になっています。

脂肪を吸引してもらう人が多くなっているため、口コミも充実しているので、いろいろな情報を得ることが大切です。

よい治療のためのおすすめの方法

顔(頬)の脂肪吸引は、なかなか痩せることができない顔の痩身効果を得ることができる治療法になっています。リバウンドしないような効果を得ることができるため、人気が高くなっています。

多くの人が治療をしていますが、治療を失敗したと感じている人も多くなっているため、いろいろな医師が行った治療内容を口コミなどで比較していくことをおすすめします。

また、アフターケアの内容も確かめておくことが大切です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

頬の脂肪吸引はほとんどが成功しますが、稀に頬がこけて見えたり、効果を実感できない、たるみが目立つようになるなどの失敗が起こる場合があります。

頬の脂肪をとりすぎてしまうと、こけて見えてしまい、老けた印象になってしまいます。

また、こけた部分を治そうとして太ろうとしても、脂肪細胞そのものが減っていますから、自力で元に戻すことができず、修正治療が必要となってしまいます。

こういった修正治療が必要とならないように、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。
おすすめのクリニックとしては、湘南美容外科クリニックがあげられます。

湘南美容外科クリニックでは、根こそぎとれるVASER脂肪吸引があり、出血も少なくダウンタイムが短いというメリットがあります。

また、肌の引き締め効果もあるため、脂肪吸引後の肌のたるみの心配もなく、従来の施術では難しかった部位の施術も可能となっています。

VASER脂肪吸引のベイザー波は、血管などの組織にも影響しにくく、腫れや痛みが少ないのが特徴で、従来の施術に比べると手術時間も短いというメリットがあります。

特に、頬というのは、脂肪を吸引してしまうとたるみの原因になってしまう可能性がありますが、VASERの場合は、引き締め効果もありますから、そういった心配もありません。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*