脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

二の腕の脂肪吸引の失敗3つと修正手術と上手い病院のご紹介

二の腕を細くしたい場合に効果的なのは脂肪吸引です。

この部分は食事や運動などのダイエットではなかなか細くなりにくい部分です。そのような部分はクリニックで行う脂肪吸引で簡単に確実に細くすることができます。

しかし、いくら簡単だからといって、あまり調べずによく知らないクリニックで施術を受けると失敗してしまう場合もあります。

一度失敗してしまうと元に戻らないどころか、ひきつるなど違和感が残る場合もあります。そのため、受ける際にはきちんと調べて信頼できる医師のいるクリニックを選ぶ必要があります。

また、二の腕の脂肪吸引の場合は細くするためには術後のアフターケアが重要になります。ですから、そのようなケアの仕方をきちんと説明してくれるクリニックでなければいけません。

間違ったアフターケアをすると、術後の効果がきちんと現れずに失敗になってしまうからです。では、施術が上手くいかないとどのようなことが考えられるのでしょうか。

二の腕の脂肪吸引の施術は、比較的簡単だと思われますが、それでも修正を希望したり、納得するまで繰り返す患者も存在します。ここでは二の腕の脂肪吸引の修正についてご説明いたします。

二の腕の脂肪吸引の失敗として考えられることとは

 

上手な医師・クリニックの特徴

二の腕の脂肪吸引は、失敗してしまうと修正治療が必要となってしまいます。

二の腕の脂肪をとりすぎてしまった場合、一部がたるんでしまうことがあります。また、皮膚と筋肉が癒着してしまい、溝のようなひきつれが起こることがあります。

こういった脂肪吸引での修正には、たるみ改善に特化したサーミタイトという修正治療が効果的です。

この修正方法は、たるみの強い二の腕の付け根の皮下に挿入して、高周波野熱を与えて、皮膚と線維組織を収縮させていきます。

こうすることで、高いタイトニング効果を得ることができます。

また、二の腕のへこみ部分には、自身から採取した脂肪を注入することで、なめらかな肌に仕上げていくことができます。

こういった修正治療を受けることで、でこぼこやたるみが目立たなくなり、自然なラインを作り出していくことができます。

こういった失敗をおこさないためにも、医師やクリニック選びは慎重に行う必要があります。

脂肪吸引の仕上がりというのは、医師の技術に大きく影響してしまいますから、専門性の高いクリニックや経験が豊富な医師を選ぶようにしましょう。

脂肪吸引というのは、脂肪をたくさんとればよいというわけではなく、満足のいくデザインにしていくことが大切です。

失敗例+ケアと経過観察

まず、二の腕の脂肪吸引の失敗で考えられるのは、ひきつるような違和感です。施術直後から数週間は肌の馴染みもまだ無いのでひきつる感覚はあります。

しかし、アフターケアであるマッサージやストレッチをきちんと行えば次第に消えていくはずです。それがいつまで経っても消えない場合は脂肪吸引をし過ぎてしまっている可能性があります。その場合は脂肪注入をします。

また、凸凹間が残る場合もあります。それは脂肪の吸引をし過ぎたか、マッサージが不足していた可能性が考えられます。また、左右で太さが異なる場合もあります。

これは再度、太い方の脂肪吸引をして調整することができます。そして、吸引しすぎて筋肉質な腕になってしまう場合もあります。

二の腕の脂肪を吸引し過ぎてしまうと、このような症状が表れたり、状態になってしまう場合があります。ですから、この施術を受ける際にはきちんと調べて信頼できるクリニックを選ぶことをおすすめします。

二の腕の脂肪吸引の失敗

二の腕の脂肪吸引での失敗、でこぼこになってしまう状態とは?

二の腕はでこぼこが出来やすいという見解が有ります。脂肪はなくなっても皮膚にでこぼこが出てしまうと修正を余儀なくされます。

二の腕の脂肪吸引後に、腕が不自然に膨らんだ箇所ができてしまうことがあります。この原因として医師の技術が不足していた可能性が挙げられます。

二の腕の脂肪吸引では、脂肪を取り除くことが出来た部分と十分に取り除くことができなかった部位とででこぼこが見られることがあります。

でこぼこを修正する方法としては、脂肪を取り除く方法と凹んでいる部分に脂肪を注入するという方法があります。

脂肪を注入しても、二の腕が太くなるということはありませんので、安心して施術を受けることが出来ます。一人ひとりの状態により適している施術は異なりますので、相談をしましょう。

脂肪吸引の施術に不慣れな医師は散見されますが、脂肪を偏って吸引してしまいスムーズに脂肪吸引ができなかったということが起こります。

脂肪吸引の機器が古いままである場合も注意が必要です。機械の性能差でも仕上がりに違いがあり、最新型では違和感なく仕上がるものでも、旧式では失敗することがあります。

たるみが目立つ理由とは

脂肪吸引によって皮膚にたるみが出てしまうこともあります。

脂肪吸引によるダイエットよりも短期間で目に見えて大きな効果をあげる方法ですが、そのリスクについても知る必要があります。

施術箇所がいびつな形に仕上がってしまったり、後遺症が残ってしまう可能性もあります。

二の腕は他の部位と比べて皮膚の弾力が薄く、たるみが出やすい部分でもあります。その状態で二の腕の脂肪吸引を行った場合には、脂肪と取り除くことで皮膚に余裕が出来るためにさらにたるみが目立ってしまう可能性があります。

特に皮膚に近い部分の脂肪を取り除き過ぎた場合にはそのようなトラブルになりやすいため、メスを利用して皮膚を取り除くか、高周波の光を皮下に照射し皮膚を収縮させるという方法を用いることで修正することが出来ます。

二の腕の脂肪吸引を技術の低い医師が担当したり、過剰に脂肪を吸引してしまうと皮膚が余ってしまい下に垂れることがあります。二の腕の他にも下腹部や太ももなどの箇所もたるみが生じやすい箇所になっています。

段差が見られる原因とは

二の腕は関節のない中央部分と肩関節と腕の付け根周囲とでは脂肪の取りやすさに差があります。そのため、取り除きやすい中央部分の脂肪を多く取り除いてしまうと、他の部位との間に段差が出来てしまいます。

また、段差を解消しようと脂肪と吸引しすぎてしまうとさらにその段差が目立つという結果に陥れる可能性があります。その為、事前にしっかりとしたデザインをすること、希望を伝えるようにするということが大切になるでしょう。

医師・クリニック選びは慎重にすることをおすすめ

二の腕の脂肪吸引は望む人が多い部位ではありますが、失敗などのリスクを伴う場所でもあります。

そのため、施術を受けるという場合には、信頼することが出来る医師に依頼するという事をおすすめします。

また、希望がある場合には、医師に任せるばかりではなくしっかりと希望を伝えるということが大切です。いくつかのクリニックに相談するなどして、医師・クリニック選びは時間をかけて慎重に行なうようにしましょう。

名医のご紹介はこちらから

脂肪吸引の利点は、気になる部分を重点的に改善したり、二の腕のような痩せる事が難しい箇所も痩せられる事にあります。

ただ、脂肪吸引を受けていても、失敗を経験していたり、二の腕が希望とは違う結果になれば修正が怖くなるものです。

当相談所に登録されている医者は、誰もが脂肪吸引のプロで、二の腕の施術経験も豊富に持っている事が魅力になります。

修正を行う前には、カウンセリングで状態を確認したり、納得するまで話し合いが行えるので、医者と会話を行い信頼関係を築いてから施術の決断が行えます。

修正が不可欠な状態は、改善を考える必要がある段階で、何らかの選択や新たな施術を検討する事が大切です。

失敗を恐れるのは当然ですが、当相談所は医者の紹介でサポートをしていますし、ご相談に乗ったり悩みの解決の手助け出来る力があります。

悩みは一人で抱えるよりも、打ち明けて話をしたり、相談の為に勇気を持って踏み出す一歩が、問題解決に役立つ近道に変わります。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*