脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

背中の脂肪吸引で失敗4つの例と修正手術が上手い病院のご紹介

背中の脂肪吸引は麻酔を行った後に皮膚を切開して、そこから管で脂肪を吸引していく手術です。ここでは背中の脂肪吸引の修正方法についてご説明いたします。

ブラジャーや水着を着用した際に、背中のはみ肉が気になってしまうという女性は少なくありません。

しかも夏場になると、露出する機会も少なくないので、何とか痩せてすっきりさせたいと考えるものです。ですが通常のダイエットで背中を痩せさせようと思っても、なかなか上手く痩せなかったりします。

というのも食事制限と運動を行うといった通常のダイエット法では、狙った部位の部分痩せは困難であり、痩せる必要のない胸ばかり痩せて行くと悩む女性は少なくありません。

なので最近では、狙った部位の部分痩せを失敗せずに実現するために、脂肪吸引の施術を受ける女性が増えているのです。確かに脂肪吸引の施術であれば、狙った部位から確実に脂肪を除去して、痩せる事が出来ます。

ただし、どこで施術を受けても同じだと甘く考え、いい加減な形でクリニックを選んでしまうと、背中の脂肪吸引に失敗してしまう可能性が高まります。なのでこの施術を甘く見ない様にする事が、まずは重要です。

背中の脂肪吸引の修正で泣く者・笑う者

加齢とともに気になるのが背中のはみ肉ではないでしょうか。
背中のお肉というのは、どんなにがんばってもなかなか自力で落とすことが難しい部分ですが、そういった背中のはみ肉を解消するには、脂肪吸引が効果的です。

背中の脂肪吸引は、成功すればスリムな背中を手に入れることができますが、失敗してしまうと神経を傷つけてしまい腕にしびれや麻痺が残ってしまったり、傷跡が目立ってしまう、肌の表面がでこぼこになってしまうなどのリスクを生じてしまいます。

そうなってしまうと、修正治療が必要となってしまいますから、カウンセリングで背中の脂肪吸引が、自分にむいているかどうかをきちんと判断してもらい、複数のクリニックをまわって手術をうけるかどうかを決めることが大切です。

安易に治療をすすめる医師もいますから、信頼できる医師やクリニックを選ぶことが失敗を防ぐためには大切です。

一般的に背中に脂肪吸引はリスクが少ないと言われていますが、手術後には背中に筋肉痛のような痛みがでたり、内出血がでる、むくみがでるなどのダウンタイムがありますし、吸引した部位は一度固くなっていきますから、マッサージやストレッチをしてほぐしていく必要があります。

背中の脂肪吸引で失敗しないために

上手な医師・クリニックの特徴

背中の脂肪吸引というのは、簡単そうに見えてリスクが高い部位であるため、クリニックによっては経験がほとんどない医師も少なくありません。

一見皮下脂肪がいっぱいあるように見える背中ですが、実施に多くあるのは脂肪ではなく線維組織や皮膚で、施術はそれらを傷つけないようにして行う必要があり、丁寧に行わないとあまり効果を実感できないため、修正治療が必要となるケースも少なくありません。

また、肩甲骨と背骨や神経などもすぐそばにありますから、経験の浅い医師の場合重要なところを傷つけてしまうおそれがありますから、解剖学などにも精通した名医に施術を依頼することが大切です。

名医であれば、肩甲骨の上下、腰に近い部位なども施術が可能で、的確な脂肪の位置を把握していますから、効果的に脂肪を吸引することが可能です。

背中の皮膚というのは、皮膚がある程度厚く、脂肪だけを取り除いてしまうとたるみが生じやすくなってしまいますから、上手な医師というのは、皮膚の引き締めも同時に行う装置を使用していくことで、たるみを予防することができます。

このように、上手な医師というのは、患者の脂肪の付き方などを把握し、適量の脂肪を吸引していくことで、効果的にボディラインを整えていくことができます。

神経に近いデリケートな施術・失敗例

脂肪吸引の施術というのは基本的に、吸引管を用いて痩せたい部位の脂肪細胞を吸引して除去する事で、希望する通りの体型を手に入れる事が出来るという痩身法です。

そのため、背中の脂肪を除去する事で、狙い通りの背中痩せを実現する事が出来ます。

ただし脂肪吸引は、適切な部位から適切な量の脂肪を除去する必要があるのです。

そのため、技術力が未熟な医師が施術を行うと脂肪の除去の分量を誤り、皮膚がでこぼこしたり、歪な形になる危険性があります。

更に注意が必要なのは、背中には神経が集まっている部位が存在する事であり、その部位の脂肪除去に失敗すると、神経を傷つけてしまう恐れがある事です。

その結果、腕に痺れが残る等の害を生む事になります。

なので施術を受ける際は、クリニックを慎重に選び出し、失敗を避ける事が何よりも大事です。

そしてその具体的な方法としてはまず、脂肪吸引の施術実績があるクリニックを幾つか探し出す事です。

更にその上で、実際にそのクリニックで施術を受けた人の口コミ等をチェックし、出来るだけ評判の高いクリニックを選び出す事をおすすめします。

背中の脂肪吸引の失敗

背中の脂肪吸引の失敗で、でこぼこになることってよくあるの?

背中の脂肪吸引ででこぼこになる場合があります。

もともとは脂肪がつきにくい部分なのに、一度脂肪がついてしまうと落ちにくく、丸みを帯びた負けた引用になってしまう背中の脂肪吸引は、とても細いカニューレを使って脂肪を均一に吸引するという高い技術力が必要なため、おなかや太ももなどの脂肪吸引と比べて、難しい施術です。

均一に吸引することができなかった部分や吸引しすぎてしまった部分の皮膚は、でこぼこになってしまい、でこぼこの修正が難しい部分でもあります。

段差になってしまう理由

背中の脂肪をすっきりと落として、薄い洋服でもきれいに着こなしたいと思っていたのに、背中に段差ができてしまうことがあります。

背中の脂肪は、おなかや太もも、お尻などと比べて脂肪が少なく薄いため、細いカニューレで脂肪を均一に吸引するためには高い技術力が必要で、脂肪を取り過ぎてしまった場合に、でこぼこができたり、段差ができたりします。また、脂肪を吸引した後の圧迫やマッサージが足りない場合にも、段差ができることがあります。

むくみが取れない場合

すっきりとしたラインに憧れて背中の脂肪吸引をした後、むくみが取れなくて背中のラインが施術前とあまり変わらないように見えてしまうことがあります。脂肪吸引をした後には、腫れやむくみが出るのは普通のことなので、2~3週間ほどで腫れやむくみが落ち着いてくることが一般的です。

むくみが取れない状態を最低限に抑えるためには、施術後の圧迫が重要なので、ドクターの指示に従いきちんと圧迫固定をするようにしましょう。

見た目ほど脂肪が無い部位で効果が無い失敗

背中の脂肪吸引は麻酔を行った後に皮膚を切開して、そこから管で脂肪を吸引していく手術です。
切る場所は目立たない箇所なので、安心です。

術後1~3日目は強い痛みが出ますが、鎮痛剤でコントロールすることができます。

一週間程度で痛みが治まり、普通の生活に支障がなくなってきます。

約1ヵ月後には効果を感じることができるようになります。

背中の脂肪吸引のリスクとして、切開の際に神経を傷つけてしまうとしびれが残ることがあるようです。

トラブルとして多いのは、効果が感じられなかったという例です。

医師の技術不足で脂肪がきちんと取り切れていなかった場合は、修正手術が可能ですが、もともとの脂肪が少ない為、効果が感じられなかったということがほとんどです。

もともと背中は、脂肪が少ない部分です。

つかむと脂肪がたくさんついているように感じますが、皮膚が厚い為、そう感じるのです。

カウンセリングをうける際に、脂肪吸引を受けることで、どの程度の効果が期待できるのかをきちんと聞いておきましょう。

おすすめのクリニック

背中の脂肪吸引は、とても細いカニューレを使って脂肪を均一に吸引する繊細で高度な技術が必要なので、口コミなどで評判が良いおすすめのクリニックを参考にして、技術力の高いドクターがいるクリニックを選び、カウンセリングを受けてからクリニックを決めることがおすすめです。料金は、施術費用だけでなく、麻酔費用や術後の抜糸、術後の診察などがかかる場合があるので、カウンセリングの時には、総額を確認するとよいでしょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

背中の脂肪吸引を失敗してしまうと、修正治療が必要となりますが、中には修正が難しいケースや余分な費用がかかってしまいますから、できるだけ経験豊富な信頼できる医師やクリニックを選ぶことが大切です。

こちらの相談所では、おすすめのクリニック・美容外科をご紹介しております。
一部の美容外科で行っているVASER脂肪吸引は、最小の出血ですみ、リーズナブルな価格でうけることができるということから、人気となっています。

根こそぎとれるVASER脂肪吸引のメリットとしては、
・血管・細胞壁へのダメージが少ないため、出血が少なくダウンタイムが短い。
・肌の引き締め効果があり、施術後の皮膚のたるみの心配がない。
・従来の施術では困難な部位や修正手術の部位、痩せ形野体型でも吸引が可能。
こういったメリットや効果があります。

根こそぎとれるVASER脂肪吸引は、湘南美容外科の中でも多くの脂肪を吸引できる最新の方法で、ベイザー波を用いて、皮下脂肪を液体状煮溶かして、根こそぎ吸引していくことが可能です。

ベイザー波は、血管などの組織に影響しにくく、最小の出血ですむためダウンタイムも短く、痛みや腫れが少ないのが特徴です。

通常のカニューレの2倍の吸引能力もありますから、手術時間が短いのもメリットといえます。

随時、全国の名医をご紹介致しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*