脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベイザー脂肪吸引のデメリット4つをまとめ

ベイザー脂肪吸引のデメリット

このページではベイザー脂肪吸引のデメリットについて、マル秘情報を提供しています。

ベイザー脂肪吸引は一度に大量の脂肪を除去することができ、ダウンタイムが短い点が大きなメリットになりますが、デメリットも存在します。

ベイザー脂肪吸引のデメリット

ベイザー脂肪吸引のデメリットのマル秘とは?

ベイザー脂肪吸引のデメリットについてまとめます。

脂肪吸引に失敗した場合、皮膚がでこぼこになってしまったり、たるみができてしまったりすることがあるので、料金の安さも大切ですが、経験豊富で技術力が高いドクターを選ぶことも重要です。

手術出来ない事がある

ベイザー脂肪吸引はとても高度な手術ですので、認定を受けている医師が専門的に手術を行うことができます。

全ての美容専門医がベイザー脂肪吸引の認定を受けているわけではないので、クリニックによっては、ベイザー脂肪吸引ができないことがあるので注意が必要です。

名医かどうか分からない

優秀な医師や名医と呼ばれる医師が在籍しているクリニックを選ぶことが大事になります。
名医が在籍しているクリニックは当相談所でご紹介いたしております。

血管や神経の損傷

技術力が乏しい医師がベイザー脂肪吸引の手術を行うと、血管や神経などを誤って傷つけてしまうことがあります。

セルライトが取れない

ベイザー4D脂肪吸引は、体内の脂肪を取り除いていくような治療法であるため、セルライトが取れない場合もあります。

肌を引き締めるような効果もある治療法になっていますが、セルライトの度合いによっては、とることが難しいものがあるため、セルライトをとるための治療をする必要があります。医療機器などを利用したセルライトの除去の治療を行える環境があるクリニックで治療をしてもらうことが大事であり、よい体に仕上げられます。

おすすめの脂肪吸引の方法

ベイザー4D脂肪吸引は、細い管を体に挿入して脂肪を吸引していく治療法になっています。ベイザー波と呼ばれる脂肪を乳化させる効果がある波動を管から放つことで、脂肪を効率的にとることができ、満足できる治療をしやすいです。

また、ボディデザインをすることができる内容の治療法であり、美しい体を追求することができるため、大きく変身した体に仕上げてもらうことができ、おすすめできる治療法になっています。

脂肪吸引の失敗と名医

ベイザー脂肪吸引のデメリット 箇所・部位別

ベイザー脂肪吸引の箇所・部位別に下記の種類があります。ベイザー脂肪吸引のデメリットにおいて参考になりますので個別のページをご参照ください。

ベイザー脂肪吸引のデメリット

ベイザー脂肪吸引のデメリット 顔(頬)

顔(頬)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 顔(顎)

顔(顎)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 二の腕

二の腕の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 胸部

胸部の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 背中

背中の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット お腹(腹部)

お腹(腹部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット ウエスト

ウエストの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 腰(腰部)

腰(腰部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット お尻(臀部)

お尻(臀部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 太もも

太ももの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット ひざ

ひざの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット ふくらはぎ

ふくらはぎの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 足首

足首の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のデメリット 足(脚)

足(脚)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のご相談はこちら

ベイザー脂肪吸引をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*