脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベイザーリポのデメリット6個を解説中

デメリットのまとめ

ベイザーリポは超音波のベイザー波を使った、脂肪吸引法の1つです。

カニューレという脂肪を吸引する器具を、体に挿入するのは従来の脂肪吸引法と一緒ですが、その後にベイザー波によって脂肪を溶かすのです。

こうする事によって脂肪を吸引する際に筋肉や神経、血管といった他の組織を傷つけるリスクが少なくなります。

ですので、ベイザーリポは施術後の腫れや痛み、内出血といったダウンタイムが他の脂肪吸引法と比較すると、短い点がメリットです。

ただ、施術を受けるにあたっては、デメリットも存在しています。

皮膚がデコボコになる、硬くなる、しびれが残るといったリスクがあるのです。

また、ダウンタイムが短いといっても、体に器具を挿入して脂肪を吸引するのですから当然、施術後には腫れや痛み、内出血といった症状が現れます。

ベイザーリポで部分痩せを考えているのであれば、メリットだけでなくデメリットがある事も、事前にチェックしておきましょう。

ベイザーリポのデメリットは何?

仕上がりの決め手は熟練の医師

ベイザーリポは皮下脂肪の約90%を、除去できる脂肪吸引法です。

通常の脂肪吸引法であれば、約70%程の脂肪しか取り除けません。

ですので、より痩身効果を出したいという時は、ベイザーリポの方がおすすめと言えるでしょう。

痩身効果が高く比較的、ダウンタイムも短いというメリットがある一方、当然デメリットも存在しています。

しっかり脂肪を取れる脂肪吸引法ですが、医師の技術次第によって仕上がりに、大きな差が出てしまうのです。

例えば、吸引する際に血管や筋肉、神経といった組織を傷つけてしまい、回復に通常よりも長い時間がかかってしまうケースがあります。

ただ、このような症状は熟練した医師が施術を行った場合、かなり軽減できるようです。

脂肪吸引にダウンタイムはつきものですが、より体に負担をかけたくないなら医師選びが重要となります。

当相談所ではベイザーリポの名医と言われる、医師をご紹介していますので、ご気軽にご相談ください。

ベイザーリポのデメリット

後悔する前に!知っておきたいベイザーリポ2.0のリスクまとめ

ベイザーリポのデメリットをまとめます。

ベイザーリポ2.2の失敗としてよくある?「効果が出るまで回数が多くかかる」状態とは

効果が出るまで回数が多くかかる失敗例が有ります。

ベイザーリポ2.2の脂肪吸引法であれば、効果が出るまで回数が多くかかる治療法とは違うので、スタンダードであれば、来院は1回で良い脂肪吸引でもあります。

脂肪をなくすための治療も、回数が多くなってしまうと、体への負担もかかってきます。

でもベイザー波での超音波を失敗してしまうと、皮下脂肪が十分に吸引出来ないデメリットが有ります。

ベイザーリポと痩せない悩み

ベイザーリポ2.2は、なかなか痩せない悩みに対しても、解決の糸口になってくれる、画期的な脂肪吸引の方法です。特に部分的な痩身はセルフではダイエットで成功しにくいですし、エステの痩身コースでも厳しいものがあります。

しかし美容整形での脂肪吸引で、ベイザー波を用いた特殊な超音波であれば、脂肪細胞だけへの反応ができますし、肥大してしまった脂肪細胞を、バラバラにして、スムーズに脂肪吸引をできます。

ベイザーリポとセルライトが取れない施術

セルライトが取れないというのは、ダイエットでよく聞く悩みです。特に自分だけで行うダイエットは、硬くなった脂肪を潰してるのは、相当の痛みと勇気と、長い時間が必要です。

ベイザーリポ2.2での脂肪吸引の美容整形であれば、頑固で人間の手には負えなくなった、硬い脂肪も選びながら、しっかりと脂肪吸引でなくしていくことになります。大切な組織は無傷であるために、脂肪吸引をしても回復は早めです。

脂肪吸引後に起こるたるみ

ベイザーリポ2.0によって、大幅に体系を変えたり脂肪を多く吸引することでたるみが生じることがあります。
脂肪を吸引することはリスクは少ないですが、施術後に様々なリスクが生じることがあります。

問題が起こった場合に、ケアや治療を行ってくれる環境が整ったところで施術を行うことでリスクを少なくすることができます。

術後にバランスが悪くなるリスク

ベイザーリポ2.0は、気になる脂肪を部分的に吸引できる方法なので部分痩せしたい方に向いています。

しかし、細い管を使って取りたい脂肪を吸引していくので、吸引する脂肪のバランスが取れていないと左右差が生じることがあります。

左右差が出ないようにするためにも、事前に吸引する脂肪の位置や量を医師と相談しておくことが大切です。

脂肪吸引後の皮膚のトラブル

吸引する脂肪が均一でない場合、術後にでこぼことした状態に仕上がる可能性があります。また、脂肪を吸引することで、皮膚を支えていた皮膚が余ることでお肌がでこぼことした状態になることもあります。

その場合、お肌の引き締めやあまった皮膚を切除するなど、リスクに対しての治療が必要になります。

ベイザーリポの脂肪吸引と名医

名医のベイザーリポ2.2の脂肪吸引によって、ナイスバディに近づける光が見えてきます。従来の美容整形画家での脂肪吸引では、人間の皮膚の浅いところの脂肪細胞というのは、とても困難であり、吸引には限界があったのです。

しかし、そんな皮膚の薄いパーツの脂肪脂肪までも、除去することを可能としています。安全に浅い層までの吸引ができるために、女性であればなめらかな女性らしい体にデザインをすることができるのです。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*