脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

気をつけて欲しい、体内外式脂肪吸引のアフターケアのタブー

いくらダイエットをしてもなかなか痩せることができない方が選ぶのが脂肪吸引です。
脂肪吸引術には体内外式脂肪吸引があり、体内式とは超音波メスで脂肪をダイレクトに破壊してから吸引するというものです。
脂肪が柔らかく細かくなった上での吸引ができるのでより多くの脂肪が吸引で細やかなボディデザインをすることができます。
体外式脂肪吸引は手術の前に麻酔をし吸引するパーツに低濃度の麻酔や血管収縮剤や脂肪を柔らかくする溶液を注入するなどしてから吸引します。
さらに体外から超音波を当てることによって脂肪層が柔らかく膨張し、吸引しやすくなるというメリットがあります。
このような体内外式脂肪吸引は一度手術を行うと二度と脂肪細胞が増えることがない大変効果的な痩身法ですが、やはり手術のダメージやリスクがあるので、アフターケアを欠かさずに行い、術後の体をいたわることが必要になります。
アフターケアまでしっかりと指導してくれるクリニックを選ぶことが大切です。
体内外式脂肪吸引のアフターケア

圧迫ケアをしっかりと

体内外式脂肪吸引はアフターケアが欠かせません。
体内外式脂肪吸引はメスで目立たない箇所を切開して、そこにニューカレと呼ばれる器具を挿入して脂肪吸引を行うため、麻酔も使いますし傷が治癒するまでの期間が必要です。
この間の期間がダウンタイムですが、脂肪吸引のダウンタイムは2週間から3週間と言われており、この期間にはしっかりとしたケアが必要になります。
まず行わなければならないのが手術したパーツをしっかりとガードルやストッキング、サポーターなどで圧迫することです。
腫れやむくみが引くまでの期間は圧迫をすることで手術パーツが安定します。
術後1週間ほどしたら抜糸をし、さらにマッサージを行います。
このマッサージは手術パーツが拘縮するのを防ぐためにこまめなマッサージを行うことで柔らかく自然なパーツに仕上げることができるのです。
痛みがあるからといって、圧迫しなかったり、マッサージを行わないのはアフターケアとしてタブーと言えるでしょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*