脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

体内外式脂肪吸引のリスクって多いの?

体内外式脂肪吸引では超音波の力を利用します。まず体内式の場合は、体の一部を切開してカニューレを挿入します。このカニューレの先端から超音波を照射しながら、同時に脂肪を吸引していくと言う方法です。体外式の場合も、カニューレで脂肪を吸引する方法は同様です。しかし切開をした際に、同時に脂肪を柔らかくする作用のある薬剤を注入します。そしてその部分に体外から超音波を照射することで、脂肪細胞を効率よく吸引することができると言う方法です。どちらの体内外式脂肪吸引も切開は必要ですが、従来の方法に比べるとその長さは限られています。また局所麻酔で済むこと、脂肪を超音波によって柔らかくしてから吸引するため、体への負担も軽減することができています。そして術後、吸引した部分が波打つようにでこぼこになると言う可能性も低いのも、この方法の特徴です。従来の脂肪吸引と比較すると、安全性は高いとされている体内外式脂肪吸引ですが、だからと言ってリスクがまったくないと言うわけではありません。
体内外式脂肪吸引のリスク

やけどは機器の扱いで防止できる

体内外式脂肪吸引におけるリスクはそれ程、多くあるわけではなく、その代表的なものとして挙げられるのが熱傷です。まず体内式の場合は、体の中に直接、超音波を照射します。そのため皮膚内部に火傷が発生してしまう恐れがあります。そして体外式の場合は、体の外側から脂肪に向かって超音波を照射します。そのため皮膚内部に火傷が発生する可能性は低いですが、代わりに皮膚表面に火傷が発生するリスクがあります。また体外式の場合、体の外側から超音波で脂肪に働きかけるため、ある程度、まとまった時間、超音波を照射する必要があります。そのためその時間のさじ加減を間違うと、火傷が発生する恐れが大きくなってしまいます。ただしこうしたリスクは、超音波を一か所に長時間、照射しないようにすれば確実に防げるものです。つまり超音波の扱い方さえしっかりとしていれば、防ぐことは可能です。またしっかりと事前に説明が行われていれば、施術を受ける側もある程度は、了承できるはずです。ですから体内外式脂肪吸引を受ける際には、基本的な技術力があり、なおかつ事前、事後の説明やケアも万全なクリニックを選ぶことが求められます。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*