脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

知らないとマズいお腹(腹部)の脂肪吸引のデメリット

お腹(腹部)に脂肪がついて気になる、という人も多いと思われます。ダイエットやエステを行なっても中々痩せることのできない、というお腹(腹部)の悩みに有効な整形が脂肪吸引です。
脂肪吸引は文字通り脂肪を吸引することによって、ボディラインを整えることのできる施術になります。
お腹(腹部)の脂肪を吸引することによって、くびれを作ることができるようになるため人気の施術のひとつです。
お腹全周の脂肪を吸引しようとすると多い人で、2000ccほどとれることもあるためウエストを10㎝も減らすことができるケースがあるなどメリットの多い施術になっています。
しかし、デメリットやリスクがあるのも知っておく必要があります。そのことを知って本当に受けるかどうかを考えて、安全管理の高いクリニックを選んでいくことが大切です。
手術の価格が極端に安いクリニックは、安いだけの理由があり、価格が低いからと選んでしまうと危険なことを理解することも重要となります。
お腹(腹部)の脂肪吸引のデメリット

施術前に体の検査

お腹(腹部)の脂肪吸引の具体的なデメリットやリスクとしては、皮膚がでこぼこしてしまったり、たるみが強く出てしまったりするケースなどが考えられます。
大量にお腹(腹部)の脂肪吸引が予想されるときには、術前検査で貧血気味の人には鉄剤の投与などによって貧血を改善してから手術をする医師を選ぶと良いとされています。
ほかにも、術後に強い筋肉痛のような痛みやしびれがある、吸引したのに痩せない、マッサージを念入りにしたにも関わらず皮膚が硬くなってしまったなどのトラブルが考えられます。
また、施術方法の違いによって火傷が起こってしまったりするなどのデメリットもあるため注意が必要です。最悪の場合死亡してしまう可能性もあるため、きちんとメリットだけではなくデメリットやリスクを考えてから行なうことが大切です。
脂肪吸引といっても様々な方法があることを理解することも必要になります。
脂肪を吸引する施術全体にいえることですが、医師の高い技術が要求されます。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*