脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

お腹(腹部)の脂肪吸引のアフターケアで気をつけることとは

一般的なダイエットは脂肪細胞を小さくすることで体重を減らしますが、脂肪吸引は脂肪細胞の数そのものを減らすのでリバウンドすることが少ないです。脂肪吸引はお腹(腹部)や二の腕などの部分に絞って脂肪細胞を取り除くことができるので、部分痩せをすることができます。これも一般的なダイエットと異なるところで、気になる部分だけ痩せることができます。お腹(腹部)の脂肪吸引は範囲が広く、一箇所だけの吸引か複数の箇所吸引するかによって施術の時間やアフターケアが異なります。お腹は特にでこぼこが出やすくなったり、吸引をしすぎて皮膚がたるむなどのトラブルが起きやすいので、術後のアフターケアは事前にしっかりと確認しておきたいです。ダウンタイムも他の部位に比べて長くなり、一ヶ月くらいは圧迫をすることが重要になります。二週間くらいはお腹に腫れやあざがでますし、お腹につっぱり感や凹凸がでたりしますが一ヶ月ほどで効果を実感できるようになります。
お腹(腹部)の脂肪吸引のアフターケア

アフターケアを術前に把握

お腹(腹部)の脂肪吸引をすると、回復するまでに時間がかかります。その間に手術した部位の圧迫やマッサージなどのアフターケアが必要になりますので、手術を実際にする前に知っておいたほうがいいです。脂肪吸引では術後お腹(腹部)に内出血や腫れが起こります。それらの症状を最小限にするために術後に専用のコルセットやガードルを装着します。圧迫は腫れが引くまで行いますので、一週間から三週間ほどかかります。また術後一週間ほどすると拘縮という皮膚が固くなったりでこぼこしたりします。マッサージやストレッチをすることで早く皮膚が修復されますので、腫れが引いた時期からマッサージを続けるようにしてください。お腹(腹部)の脂肪吸引では外出に制限はありませんが、筋肉を使う激しい運動は二週間ほど控えるようにしてください。また飲酒、喫煙を控える、抜糸までは入浴を控えるなどさまざまなアフターケアが必要になりますので注意してください。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*