脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

二度見したくなる美脚!体内外式脂肪吸引の名医の条件

食事制限やつらい運動をしなくても部分的に痩身できる脂肪吸引には、超音波を使用した体内外式脂肪吸引法があります。
体内外式脂肪吸引とは、体内式超音波脂肪吸引と体外式超音波脂肪吸引のことで、皮膚を切開してカニューレを挿入し、超音波をあてて脂肪細胞を破壊していく方法です。燃焼されずに残っている脂肪は、徐々に硬くなっていってしまうため、そのままでは抽出が難しくなってしまいます。超音波は、脂肪細胞を破壊して柔らかい状態にするため、抽出がしやすく、従来の脂肪吸引とは違い、脂肪細胞の破壊と吸引を同時に行えるメリットがあります。
体外式超音波脂肪吸引は、体の外から超音波を当てて、間接的に脂肪に超音波を当てていきます。これによって脂肪細胞が破壊されて、脂肪が柔らかくなり、脂肪が吸引しやすくなります。
ただ超音波は、出力が非常に強く、体内式の場合には皮膚の内部からやけどするリスクも生じるため、現在ではあまり行われていません。
技術が必要な施術となるので、腕のいい名医を探すことが大切です。
体内外式脂肪吸引の名医

多種多様な痩身施術

痩身法として人気のある脂肪吸引には、体内外式脂肪吸引が人気です。
特殊な超音波を使用して、脂肪細胞を破壊することで、柔らかく抽出しやすい状態にできるのが特徴です。
運動や食事制限をしてもなかなか落ちない脂肪は、燃焼されずに徐々に肥大化して結合するようになり、硬くなってしまったため、なかなか運動をしてもおちない部分です。
体内外式脂肪吸引は、このような問題を解決できる施術方法で、高い効果を発揮します。

体内式超音波脂肪吸引は、体内にカニューレを挿入し、そこから脂肪に直接超音波を当てていきます。超音波によって硬くなった脂肪がどろどろになり、吸引しやすい状態となります。
体外式超音波脂肪吸引は、第二世代超音波とも呼ばれる超音波脂肪吸引で、体外から超音波を照射することで、脂肪層に脂肪溶解作用を生じさせることで、カニューレを使用して脂肪吸引を行う方法です。
通常の脂肪吸引に比べると、施術時間の短縮や体への負担を軽減できます。
痩身術には、多種多様な施術方法があるため、患者個人個人に適応した施術を見極めることのできる名医を選ぶことが大切です。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*