脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

二の腕の”ふりそで”にさようなら。体内外式脂肪吸引の効果

体内外式脂肪吸引の効果はすぐにあらわれる、即効性がある方法です。運動などでやせようとすると長期間必要となりますし、ダイエットは続けることが大変なため挫折しやすく、すぐに元に戻ってしまう可能性が高い方法ですが、体内外式脂肪吸引であれば脂肪細胞の数を減らすため、どんな人でも効果が期待できリバウンドをする可能性もほとんどありません。

気になる部分だけに施すことができるため、部分痩せをしたい人に適していて二の腕に溜まった脂肪がそでふり状態になっていたら、その部分だけをピンポイントでアプローチできます。

超音波照射の方法が体内と体外では違っていて、効率良く脂肪細胞を破壊し柔らかくしてから吸引することになります。医師の腕により、術後に健康被害が出る可能性があるため、多くのクリニックで実施されている方法ではありますが、厳選して決めないと後悔することになりかねず、術中に感じる痛みにも大きな差が出てくることになるので、慎重に決めるべきです。

tainaigaisiboukyuinnokouka

アプローチ方法とリスク

体内外式脂肪吸引で体外からアプローチするときには、先に目的の脂肪層に低濃度の麻酔液や止血剤、さらに脂肪を溶解させるための液を注入し、体外から超音波をあてて脂肪細胞がやわらかくなったら吸引し、除去して行きます。液の注入量や入れる部分に失敗してしまうと中々脂肪がやわらかくならない難しい方法です。

体内方式では、超音波を発生させることができるカニューレを直接脂肪層に入れて脂肪細胞を超音波の振動で柔らかくするため、時間も短縮で済む方法となっていますが、神経や血管などにより配慮が必要な方法となります。

いずれも超音波を利用することで温熱が発生しますから、熱傷のリスクがあります。効果が出やすい方法であるため、脂肪を吸引しすぎたりすると体のラインバランスが悪くなりますし、関係ない組織に影響を与えないようにする高い技術も必要となりますから、体内外式脂肪吸引を成功させるためには医師やクリニック選びが欠かせません。

おすすめの医師が知りたいときには、相談所でご紹介が可能なためお気軽にお問い合わせください。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*