脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

体内外式脂肪吸引のデメリットはどんな点なのか

現在、とてもたくさんの治療方法がある脂肪吸引。そんな脂肪吸引の手術の中でも、体内外式脂肪吸引の施術を受ける人は多いと言えます。そもそも、脂肪吸引の種類には、体内式吸引法と体外式吸引法があります。体内式吸引法とは、脂肪吸引専用の超音波などを利用して行います。超音波を発するカニューレを体内に挿入し、脂肪を破壊して、除去していく治療方法のことを指します。体外式吸引法とは、手術をする前に、施術箇所や全身に麻酔をかけて、脂肪を吸引する部分をメスで切開して、脂肪層に麻酔液や止血剤、脂肪を柔らかくするための薬などを注入して除去していく治療方法です。これらの方法を総合して、体内外式脂肪吸引と呼びます。これらの方法には、それぞれメリットとデメリットがいくつか存在しているので、きちんと理解した上で治療に臨みましょう。体内外式脂肪吸引を受けるときには、メリットだけではなく、デメリットもしっかりと理解しておくことが大切です。
体内外式脂肪吸引のデメリット

デメリット回避にアフターケア

体内外式脂肪吸引は、効果の高い施術だと言うことができますが、その分デメリットも存在しています。主なデメリットとしては、手術の結果によっては、皮膚のたるみが生じてしまった、皮膚に凸凹が出来てしまったなどというケースが挙げられます。また、脂肪が溜まっている部分を集中的に除去しすぎてしまい、ボディバランスが崩れてしまったというケースも考えられます。このようなデメリットが解決できなかった時には、修正や再手術をしなければならなくなったという例もあるので、気をつけておきましょう。また、ダウンタイムに腫れや痛みが出てしまうという点も挙げられます。数週間で治る人が多いですが、アフターケアは必須だと言うことができます。
技術が低い医師や、経験があまり無い医師に手術を依頼すると、トラブルを起こしてしまったりすることが考えられます。そのため、体内外式脂肪吸引の実績がある医師を選ぶことが大切となってきます。名医を探したいという時には、お気軽にご相談ください。こちらでご紹介をしております。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*