脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し

吸引後の取り残しとは、脂肪吸引で取り残してしまう事です。思ったより細くなっていないと感じる場合、取り残しが考えられます。

3~6 ヶ月経過をみても脂肪が残っているのが気になる場合には、脂肪溶解注射(リポビーン)による治療や再度脂肪吸引をすることになります。信頼のおけるクリニック、名医を選ぶ事が非常に大切となります。

美容整形の相談所では、これらの整形において起こり得るトラブル・リスクを解説し、名医をご紹介致しております。

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し

吸引後の取り残し  症例写真

症例画像

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し 美容整形・治療・手術

脂肪吸引・痩身治療でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し 失敗・修正・再手術

脂肪吸引の美容整形はベイザー脂肪吸引、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、NCIR、ふくらはぎ痩身、根こそぎ脂肪吸引などが考えられます。

取り過ぎによる凸凹や取り残しなどで修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

吸引後のデコボコなどのトラブルを防ぐためにはかなりの技術が必要で、ドクターも限られてきます。ドクター選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

必ずしも、最新の脂肪吸引機を扱っているからいって良いとは言えません。

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し 効果・仕上がり・アフターケア

脂肪吸引・痩身治療の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や痩身効果を確認する必要があります。凸凹の皮膚感やたるみが出たりして、整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

愛沢えみりと同じ体型になりたい時の整形

愛沢えみりは、歌舞伎町のキャバクラで人気を誇り、その後モデルとしても活躍しています。

164センチ、39キロという身体は、かなり細すぎですが、彼女のようなスレンダーな体型になるには、エステや運動ではむずかしく、脂肪吸引による美容整形がもっとも確実に効果を得ることができます。

脂肪吸引は、すぐに体型をかえることができるので、辛いダイエットを延々とする必要がなく、究極の痩身法といえます。
ただ、手術にははっきりとしたミスがなくても、死亡するリスクもゼロではありません。

脂肪吸引によって、脂肪塞栓ができ、肺の血管につまることもあります。また、二の腕やお腹、お尻、ひざなどの部分痩せも可能ですが、医師の技術が未熟な場合、肌表面に凸凹ができるリスクもありますから、十分注意する必要があります。

脂肪吸引の最大のメリットは、短期間で理想の体型になれるということです。

なにをしても痩せることができない人や、辛い思いをせずに簡単に痩せたいという人にはおすすめの方法です。

ダイエットとは違って、脂肪細胞そのものを減らしていくため、リバウンドしにくく、部分痩せも可能です。

年齢とともに結果がでにくくなっているダイエットも、脂肪を吸引することで、確実に結果をだすことができるのも、人気の理由となっています。

皮膚を切開する手術に抵抗があるという人も多いかもしれませんが、最近では、切らないで吸引する方法が主流となっています。

これは、ライポソニックスやゼルティック、ウルトラアクセント、ウルティマアンサンブルといった機器を使用した方法で、超音波を使用して脂肪を壊して体外に排出させるものです。

超音波によって脂肪の奥深くまで空洞減少をおこし、脂肪細胞を破壊することができますから、引き締め効果を得ることも可能です。

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

脂肪吸引・痩身治療の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

脂肪吸引・ベイザー 吸引後の取り残し 部位・箇所

脂肪吸引・痩身治療の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

顔(顎) 二の腕 胸(胸部) 背中 お腹(腹部) ウエスト 腰(腰部) お尻(臀部) 太もも ひざ ふくらはぎ 足首 足(脚)

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*