脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスク5つまとめ

「ダイコン足」などと言われる、太いふくらはぎがコンプレックスだという人も多いのではないでしょうか。

そんなふくらはぎを修正するために用いられる治療として、筋肉削除術(ふくらはぎ)があります。

これは、ふくらはぎの筋肉を部分的に切り取る方法です。ふくらはぎには、大きな3つの筋肉がありますが、これらの余分な筋肉を削り取ることによって、太い足を改善していくという治療です。

そもそも、太いふくらはぎの原因となってしまうものとして、筋肉が挙げられます。筋肉の量が多いと、ごつごつした太いふくらはぎとなってしまうのです。

これを改善するためには、やはりふくらはぎの筋肉を減らすことが必要となってきます。

脂肪吸引などで解決しないという人でも、筋肉を削り取ることによって改善することができ、ふくらはぎの痩身に確実で効果的だと言うことができます。

また、筋肉削除術(ふくらはぎ)は、半永久的な効果が期待できるので、ほっそりとした足を長い間維持することができるため、多くの人から人気を集める手術となっています。しかし、リスクも存在しているので、きちんと理解しておきましょう。

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスク

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスクまとめ

筋肉削除術(ふくらはぎ)に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

高効果にリスクはつきもの

筋肉削除術(ふくらはぎ)は、とても効果の高い施術となっていますが、その分リスクも存在します。

例として、施術を受けた際に、神経が傷つけてしまうと、神経麻痺や歩行障害などを引き起こす可能性があります。その他にも、足の違和感などが出てしまう可能性が考えられるので、十分に経験を積んだ医師に依頼するのが良いでしょう。

ダウンタイムは1~2週間程度となっており、比較的短い方だと言うことができます。しかし、施術した後に腫れや痛みが出ることもあるので注意しましょう。施術後の痛みなどを抑えるためにも、アフターケアも必要不可欠です。

このように、筋肉削除術(ふくらはぎ)は、リスクも確かに存在する手術なので、技術的にも経験的にも優れた医師を見つけることが大切となってきます。また、リスクについて十分にカウンセリングを行ってくれる医師を選ぶことも重要です。名医を探しているという時には、ぜひお気軽にお問い合わせください。

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスク 凸凹(でこぼこ)

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスクとして代表的なものに凸凹(でこぼこ)が有ります。

筋肉削除術(ふくらはぎ)においては、筋肉の委縮に村があると凸凹(でこぼこ)となり、脂肪吸引によるふくらはぎの痩身手術でも短時間に大量な量を吸引してしまうと凸凹(でこぼこ)の皮膚感になってしまうリスクが有ります。

凸凹(でこぼこ)を回避するためには、技術が高いクリニック・ドクターを選択しましょう。
脂肪吸引であればカニューレの種類が豊富で丁寧なクリニックを選択してください。

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスク 感染

筋肉削除術(ふくらはぎ)だけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

筋肉削除術(ふくらはぎ)の治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスク 歩行障害・神経麻痺

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスクとして歩行障害・神経麻痺が有ります。

歩行障害・神経麻痺は以前、大手美容外科で医療事故が起こった様に、雑な治療をしてしまうと起こりうるリスクです。

技術が低いドクター・クリニックを選んでしまうとリスクは重なりますので注意して下さい。

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスク 皮膚のたるみ

筋肉削除術(ふくらはぎ)のリスクとして代表的なものに皮膚のたるみが有ります。

ドクターの技術で仕上がりの差は大きく異なります。

筋肉削除術(ふくらはぎ)で注意しなければならないリスクとして皮膚のたるみは覚えておいてください。

ふくらはぎの左右差が出てしまう

デメリットを最小限におさえる!筋肉削除術(ふくらはぎ痩身)で左右差が出ないための方法。

人気の筋肉削除術(ふくらはぎ痩身)のリスクとしてはまず、ふくらはぎの左右差が出てしまうということがあります。

この手術はドクターの経験によって仕上がりが大きく異なってしまうため、信頼できる名医を選択することが大切です。取り過ぎによる皮膚の段差や取り残しなどがあった場合、手術をやり直す必要が出てしまうこともあります。

失敗やトラブルを防ぐためにも最初から信頼できるドクターに任せましょう。

おすすめの美容外科を紹介しております

筋肉削除術(ふくらはぎ痩身)はメリットだけでなくリスクやデメリットもあることを知っておきましょう。

特に技術が低いドクターやクリニックを選んでしまった場合、そのリスクがさらに高まってしまいます。代表的なリスクとしては左右差やでこぼこ、歩行障害、麻痺、しびれなどがあります。

当相談所では筋肉削除術(ふくらはぎ)でおすすめの美容外科を紹介しております。そのため初めての方でも気軽にご利用できるでしょう。

以上、筋肉削除術(ふくらはぎ)における代表的なリスクについてまとめました。

コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*