脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベイザーリポのリスク7つをまとめます

何をしても痩せない部分を楽して痩せたいとなると美容整形での脂肪吸引でしょう。

気になる脂肪を一気に吸引することで、ほっそりスリムなボディをゲットできると考えるからです。経験のない方は、脂肪吸引したらすぐに細くなれると思われるかもしれませんが、実際は違います。

術後はむくむので細くなりませんし、平らな皮膚にするために圧迫ケアが必要となるのです。その原因が脂肪を吸引する際に周辺組織を傷付けてしまうからです。脂肪細胞の周りには毛細血管などの他の組織がありますから、吸引する際にそれらを傷付けることになるのです。

そこで登場したのがベイザーリポという方法です。振動によって脂肪の周辺組織のダメージを抑えることに成功したのです。

これによって従来よりも体へ与えるダメージが減ったわけです。ただ、いくらベイザーリポとは言ってもリスクがあります。100%周辺組織を傷付けないわけではないため、執刀医の腕にかかっていますし、吸引後の肌を平らにするためには術後のしっかりした圧迫ケアが必要なのです。

beiza-riponorisk

ベイザーリポのリスクまとめ

ベイザーリポに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、ベイザーリポのリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

ベイザーリポのリスク 凸凹(でこぼこ)

ベイザーリポのリスクとして代表的なものに凸凹(でこぼこ)が有ります。

ベイザーリポにおいて短時間に大量な量を吸引してしまうと凸凹(でこぼこ)の皮膚感になってしまうリスクが有ります。

凸凹(でこぼこ)を回避するためにはカニューレの種類が豊富で丁寧なクリニックを選択してください。

技術が高いクリニック・ドクターを選択しましょう。

腹部や足(太もも・ふくらはぎ)などの見た目のバランスを保つ事も重要です

コンプレックスを解消するつもりでベイザーリポ2.0を利用したはずが、左右の片側だけ脂肪の量が減りすぎて、見た目が悪くなってしまったという例もあります。

手術に慣れていない医師ほど、左右差が発生しないように手術を行う方法を分かっていない事も珍しくありません。

腹部や太ももなどの片側だけが痩せてしまうと、脂肪吸引に失敗した事が丸分かりになってしまう可能性があるからこそ、医師選びには注意が必要です。

逆にセルライトが目立ちやすくなる事もある

皮膚の深い位置にセルライトがあった人が、ベイザーリポ2.0を利用する事によって、皮膚の浅い位置にまでセルライトが出てきてしまう事もあります。

セルライトが皮膚の外側に近くなる事によって、皮膚のでこぼこも目立ちやすくなってしまうからこそ、脂肪の状態を最初に確認する作業が重要です。

セルライトを除去する事を真っ先に考えてくれる医師であれば、でこぼこの発生も防いでくれて、美しい見た目を作り出す事もできます。

皮膚が伸びない程度の脂肪を除去しないと違和感が出る

一気に脂肪を減らそうとする医師は、皮膚にたるみが起きる事も意識せずに、ベイザーリポ2.0の手術を進めてしまいます。

いきなり大量の脂肪を減らすのではなく、皮膚の状態を落ち着かせる事を意識しながら、脂肪の吸引量を決めてくれる医師を頼ってください。

たるみが大きく残ってしまうと、後から皮膚を伸ばす手術が必要になる場合もあるからこそ、脂肪吸引を始める段階で手術の計画を練る事が重要です。

ベイザーリポのリスク 感染

ベイザーリポだけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染はベイザーリポのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

ベイザーリポの治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

脂肪吸引のリスク 吸引後の取り残し

ベイザーリポのリスクとして代表的なものに吸引後の取り残しが有ります。

吸引後の取り残しは雑な脂肪吸引をしてしまうと起こりうるリスクです。
ベイザーリポ脂肪吸引やボディジェット脂肪吸引などで出来る限り吸引後の取り残しを回避する事も出来ます。

技術が低いドクター・クリニックを選んでしまうとリスクは重なりますので注意して下さい。

脂肪吸引のリスク 皮膚のたるみ

ベイザーリポのリスクとして代表的なものに皮膚のたるみが有ります。

通常の脂肪吸引よりもベイザーリポ脂肪吸引やボディジェット脂肪吸引を使用した方が、タイトニング効果が得られるため皮膚のたるみは最小限になります。

ドクターの吸引技術で仕上がりの差は大きく異なります。

ベイザーリポで注意しなければならないリスクとして皮膚のたるみは覚えておいてください。

名医はたるみなどが目立たないよう意識をしてくれます

大して脂肪の量が多いわけではないにも関わらず、太って見られてしまう人は皮下脂肪の量が問題になっている事もあります。

そんな脂肪の付き方を意識しながら、脂肪を吸引してくれる名医であれば、皮膚のたるみなどのトラブルも防ぎやすいです。

今までに数え切れないほどのベイザーリポ2.0の手術を行ってきた、経験豊富な名医も当相談所で見つける事ができますから、まずは問い合わせをしてみてください。

以上、ベイザーリポにおける代表的なリスクについてまとめました。

コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

入念なカウンセリングがおすすめ

ベイザーリポであっても医師が正しく行わないと意味がありませんし、術後の圧迫ケアをしっかりしないと美しい仕上がりにはならないわけです。

いくら脂肪細胞の周辺組織を傷付けにくいとは言っても、脂肪を取り去る方法ですから、やはり多少は周辺細胞を傷付けます。

これに関しては医師の腕に左右されますし、また希望の仕上がりになるかどうかは、カウンセリングによって意思疎通がしっかりできているかにもかかっているのです。

それにいくらベイザーリポであっても脂肪細胞を取り去り過ぎると最悪死亡というリスクも否定はできません。

もちろん、取り去っていい脂肪細胞の量は決まっているのでそういったことは非常にまれですが、ベイザーリポは体にある脂肪を無理やり取り去る方法ですから、体にはかなりの負担がかかる方法であることを理解した上で、評判のいいクリニックで意思疎通のしっかりとれたカウンセリングを行い、腕のいいドクターに執刀を任せることが大事なのです。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*