脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

筋肉削除術(ふくらはぎ)のデメリットとは何なのか

ふくらはぎを細く見せたいという人はたくさんいます。一般的には脂肪吸引を行うことで、ふくらはぎを細くすることが出来ます。しかし、この方法は脂肪が少なくて、筋肉によってふくらはぎが太く見える人には向いていません。そのためこのような人には筋委縮術を施すのが一般的です。
いくつか方法があり、それぞれに特徴があります。TCRは筋肉を高周波を使って焼き、委縮させる方法です。この方法は体内に高周波を発する熱源を入れて、筋肉を凝固させる方法です。筋肉を凝固させることにより、筋肉を動かないようにして委縮させ、筋肉を衰退させていきます。最終的な形がイメージしやすく、簡単に行える手術ですが、再度筋肉が発達するとふくらはぎが戻ってしまうデメリットがあります。また筋肉の退化を待つので、すぐに効果が現れにくいとも言えます。
筋肉削除術(ふくらはぎ)ならば、筋肉そのものを削除してしまうので、以前ほど太くなるようなことはなく、細くすることが可能です。ただし筋肉削除術(ふくらはぎ)は現在ではあまり行われていな手術でもあります。
筋肉削除術(ふくらはぎ)のデメリット

身体の負担が大きい施術

筋肉削除術(ふくらはぎ)はその名の通り、メスで切開して筋肉を削り取る手術です。物理的に除去してふくらはぎを細くしているので、手術したその日から効果が現れます。
しかし筋肉削除術(ふくらはぎ)はデメリットとして、侵襲部分が大きく、体への負担が大きい特徴があります。その分感染症のリスクもあり、進んで行われることはあまりないようです。また術後歩いたりすると、筋肉を削除した部分がどうしても痛むため、精神的にも辛いです。
他の方法として、神経を切断して筋肉を動かなくすることで退化させて、ふくらはぎを細くする方法があります。この方法では、効果が現れるまでに少し時間がかかるのと、神経を切っているのでしばらくの間は知覚的な障害を起こす可能性があります。
もし、すぐに効果的な方法でふくらはぎを細く見せたいというのならば筋肉削除術は有効な方法ですが、そうでない場合は他の方法で行う方が、傷口も小さくリスクの少ない方法と言えます。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*