脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

憧れのモデル体形に!脂肪吸引 チューメセント法に期待できる効果とは

「ダイエットしても二の腕がやせない。下腹がたるんでしまう。ふとももがむくんだみたいになっている」という人は、美容外科で気になる部分だけ部分やせコースを選びます。その場合、「脂肪吸引」という方法が一般的です。脂肪吸引にも2種類あります。外科手術で脂肪を直接、外に出してしまうという方法とメスを使用せず脂肪排出を促すという方法です。外科手術の方が一般的と言えますがその外科手術の中で一番ポピュラーなのが「脂肪吸引 チューメセント法」です。もともとチューメセントとは、「ふやかす」という意味です。この方法は脂肪吸引の前段階において脂肪の細胞を「ふやかす」ことをします。そのあと脂肪吸引して脂肪を外にだします。実はこれは画期的な方法で、以前の脂肪吸引はリスクが高く、出血が多くて輸血が必要なほどでした。この脂肪吸引 チューメセント法の発明で安全性が格段と高まるだけでなく大きな効果として仕上がりがぐっと高まりました。

脂肪吸引 チューメセント法の効果

施術法は?

脂肪吸引 チューメセント法は、まず最初に麻酔と止血の働きが含まれている薬剤を生理食塩水にまぜて、これを皮膚の下に入れます。この薬剤注入で硬くなっている脂肪は「ふやけ」、溶解し、脂肪は吸引しやすくなります。止血剤のために出血を防ぐこともできるようになります。しかも脂肪が溶解されて吸引されるので、脂肪を取り終わった個所は、でこぼこができずきれいな仕上がりになります。ただデメリットがあります。脂肪吸引 チューメセント法は、ダウンタイム(施術後の回復時間)が2週間程度かかってしまいます。チューメセント法の脂肪吸引はやはりメスを使用します。そのため腫れやむくみがひく時間がかかってしまいます。忙しい時期を避け、安静に過ごすことができる時期を考慮して手術を受ける必要があります。この手術を効果的におこなうためにもしっかりした計画を立てて、最初のカウンセリングにおいて十分、納得できるプログラムを組みたいところです。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*