脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

キャビテーションで失敗例3つ・修正の原因4つと後悔しないクリニック選び

痩せる美容の施術にはいくつか方法がありますが、メスを使わずに痩身治療法があります。
メスを使わない痩身治療はキャビテーションです。

気泡がはじけて消滅する衝撃が大きく、物体を破壊する力がありますが、キャビテーションはその減少を利用し脂肪を破壊する痩身治療です。

キャビテーションは脂肪細胞のみに効果がある特殊な周波数の超音波を体外から与えてキャビテーション効果を得る方法で、脂肪細胞膜を破壊し、脂肪細胞を減らすことで痩せることが期待できます。

キャビテーションによって壊れた脂肪細胞膜から脂肪が体内に溶け出し、老廃物となり血液やリンパなどを通じて体の外に排出されて痩せ、体への負担も少ない施術ですが、失敗して修正が必要になることもあります。

キャビテーションでの失敗例として多いのは、効果がない、皮膚に凹凸やたるみがきた、などです。施術を受ける際には、実績が豊富なクリニック・医師を選ぶことが大切です。

さっそく、情報を網羅してまいります。

キャビテーションの手術方法

キャビテーションは切らない痩身法として、今最も人気が高い施術の一つです。

この名前は気泡という意味から来ており、液体に圧力の高低差を加えることで空洞現象がおき、バブルが発生するということを痩身マシーンに利用しています。

このマシーンのブローブからは人間には聞こえないほどの高音が出ておりこの超音波がなかなか燃焼できないセルライトなどの脂肪に働きかけその細胞の隙間に気泡を生じさせます。

気泡が破裂する衝撃で脂肪細胞が乳化して溶け出し、リンパや血液の流れに乗って体外に排出されるというのがメカニズムです。

このキャビテーションのメリットはメスや針を使わないので身体にかかる負担がたいへん少なくて済むということです。

脂肪吸引のように傷跡を気にしたり、手術後にコルセットなどで固定するダウンタイムも必要ないため、どなたでも安心して受けられるという安全性の高さが魅力です。

キャビテーションの施術で心配に感じる方が多いのは安全性の面よりも、効果が出なかったり失敗の可能性があるのかということでしょう。

キャビテーションの失敗

キャビテーションが適している患者さんとは?

少しでも痩せたいと日々ダイエットに励む女性は大勢いますが、思い通りの体型を実現できる人はそう多くはないのが現実です。

ダイエットはメンタル的な負担も大きく、長い間結果が得られ無い事で緊張の糸が切れてしまう事もあります。

摂食障害を患ったり、リバウンドをくり返してしまう人も少なくないです。

そしてダイエット中に二の腕や太もも等に脂肪の塊を見つける事があります。これはセルライトという老廃物を含んだ脂肪です。

硬くなっているので、通常のダイエット方法では落ち難いのが特徴です。

このセルライトに対してはキャビテーション等の痩身マシンの利用が効果的です。

キャビテーションとは、超音波で脂肪やセルライトに空洞現象を発生させることで脂肪細胞膜を破壊して脂肪細胞を減らすという痩身方法です。

乳化して溶け出した脂肪やセルライトは、血管やリンパ管に取り込まれ、体外に排出されます。

主に、お腹周り、腰周り、二の腕、臀部、太ももなどに施術されることが多く、部分痩せに適しています。

この治療法はメスを使うこともなく、施術時間も約20分程度と短いうえに、ダウンタイムもほとんどないことが大きなメリットだと言われています。

また、脂肪細胞そのものを減少させることができるので、ダイエットのようにリバウンドが起こりにくいという特徴があり、注目されている治療法です。

上手な医師・クリニックの特徴

キャビテーションはメスを使わずに脂肪を溶かして体外へ排出する痩身治療で、体への負担も少ない施術です。

キャビテーションはメリットも多いですが、失敗して修正することもあり得ます。

キャビテーションはメスを使わない施術ですが、技術が未熟な医師が治療をすると脂肪をとり過ぎてしまい皮膚がたるんでしまったり、凸凹ができるなど修正が必要になることもあります。

修正が必要な施術の場合、殆どが医師の技術が低いことが考えられます。

キャビテーションで希望の痩身治療を行なうためには、施術が上手な医師にお願いすることが必要です。

上手な医師は、脂肪吸引のようなリスクななく痛みもない施術ですが、1度の施術で大きな効果は実感できないこともあり回数を重ねることが効果を実感できるなど、キャビテーションにはメリットもありますが、デメリットもあることをカウンセリングなどでしっかりと説明したり、他の施術と併用することでより効果が得られるなどと提案し、技術や知識が豊富で症例数も多い医師であることはもちろんのこと、セルライトが生じる原因から血行促進のためのケアや生活習慣などの見直しなどセルライトができににくくなる体質になるようなアドバイスなどもできる医師が良いです。

脂肪吸引の失敗と名医

失敗を避けるために。失敗例をチェック!

キャビテーションの施術を受けてもなかなか効果が出なかったり、失敗してしまうことを気にされる方は多くいらっしゃいます。

この痩身法のメカニズムを知って対策をとることで失敗を無くし、できるだけ大きな効果を得ることができるのです。

まずこのマシーンは超音波により気泡を発生させて、脂肪を乳化させることができる画期的なマシーンですが、この乳化した脂肪細胞を排出するまでの効果はありません。

そのため乳化した脂肪は少しずつ自然に血管やリンパの流れに乗って排出されていきますが、中にはその場に留まる分もあります。

そのためこうした乳化した脂肪細胞を積極的に体外に排出するトリートメントも必要になるのです。

リンパドレナージュなどのオイルマッサージをキャビテーションの施術後に行うことで乳化した脂肪細胞を効果的に体外に排出することができるようになりますので、エステサロンなどではオイルマッサージまでをセットにしたコースをスタンダードとするところも多く見られます。

キャビテーションで失敗しない方法は…?

キャビテーションでの失敗として起こる「痩せない」ってどういうこと?全然?

この治療では、中には痩せない方もいます。

さまざまなダイエット方法の中で、キャビテーションはとても注目されていますが、これはエステサロンなどで受けることができる方法の一つです。

赤外線の熱によって、脂肪を融解することができて、セルライトを解消することができる切らない脂肪吸引友言われていますが、中には効果をあまり感じられないという方もいます。

やはり、脂肪の層が厚かったり、また固くなりすぎてしまっている場合には、効果が出るまで時間がかかるのです。

効果が出るまで回数が多くかかる

キャビテーションを受けていて、同じ回数でも人によって効果の出方が異なる場合があります。

それは、脂肪のつき方、また老廃物のたまり方、代謝の良し悪しなども関係してきますし、体質にも大きく影響してしまうことがあるためです。

効果が出るまで回数が多くかかるということもありますが、それでも確実に効いてはいますので、諦めないで続けるということがまずとても大事になってきます。

通い続ける根気も必要なのです。

セルライトが取れないのはなぜ?

キャビテーションをしているのに、セルライトがなかなか取れないという方は、

やはり効果が出やすい方に比べて、脂肪の層が厚くなってしまっていたり、代謝が低いということが影響している場合があります。

こういった体質にはどうしても個人差がありますので、根気よく続けていくことをおすすめします。
時間はかかっても、必ず効果が出てくるはずです。

また、筋肉と脂肪がある場合には、なかなか効果が出にくいという傾向もあります。

キャビテーションの修正の原因と後悔を避ける手術計画

キャビテーションの修正が必要なのはどんな場合?

しかし、未熟な医師が治療を行うと失敗してしまう可能性があります。

失敗例として一番多いのが効果が無いというケースです。この施術は一度では効果を感じにくいので、定期的に何度か施術を行う必要がありますが、期間と回数を重ねたにもかかわらず、結果が出ない場合は、他の痩身治療との組み合わせを勧められることもあります。

皮膚のたるみや凹凸

その他の失敗として有り得るのが、皮膚のたるみや凹凸が生じてしまう、というものです。このような失敗の場合は修正の必要があります。凹凸は脂肪の取り残しや取りムラが原因のため、再度施術をしたり、ならしたりすることで修正します。

しかし、たるみの場合は脂肪の取りすぎが原因なので、元に戻すことが難しい場合が多いです。脂肪を注入することで修正しますが、注入した脂肪がうまく定着しなかった場合などは完全に元に戻すことができません。

キャビテーションは安全性が高い治療法のように思えますが、油断は禁物です。施術を受ける際には、痩身治療の経験が豊富で、数多くの症例数を持ったドクターにかかるのがよいでしょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

こんなハズじゃなかった…セルライトが取れない?キャビテーションのデメリット

肝心のセルライトが取れないこともあります。

お尻や太ももの裏などに出来てしまったセルライトを取るために、キャビテーションを受ける方もいらっしゃいますが、サイズダウンできたからと言って、セルライトが綺麗になくなり、ツルツルの肌になれるわけではありません。

逆に皮膚のたるみが目立つようになってしまう方もおり、プラスアルファでのマッサージが必要です。セルライト除去だけを希望するのであれば、ラジオ波などの方が効果が出るケースもあります。

キャビテーションを受けるだけでは痩せない

脂肪吸引よりも副作用が少ないと言われているキャビテーションですが、この施術を受けたからと言って痩せられるわけではありません。脂肪が分解された後、これを身体の外に排出させなければならないので、リンパマッサージを受けるか、自分でしっかりとアフターケアをする必要があります。

また、痩せやすい身体になるとはいえ、食生活などの生活習慣を見直すことももちろん大切なので、自己管理も必要です。

効果が出るまで回数が多くかかる、時間も必要

キャビテーションの最大のデメリットといわれているのが、かなりの回数を受ける必要があるということで、イコール、時間とお金が必要となります。つまり、即効性があるわけではなく、回数を重ねてこそ効果が上がる施術です。

最初は、一週間に一度ペースで受けることを推奨しているクリニックも多く、その後何度通うかは個人差も大きいです。キャビテーション後に脂肪を排出させるリンパマッサージまで受けるなら、さらにコストがかかるでしょう。

この治療を得意としている名医選び

キャビテーションの失敗で修正が必要なのは、皮膚のたるみや凹凸が生じた場合です。脂肪の取りすぎが原因の場合は完全に元通りにならないこともあるので、技術の高い医師を選びましょう。

インフォームド・コンセントをしっかり行った上で納得のいく状態へ修正してくれる医師を見つける事が先決です。

更に美容外科により料金体系が大きく違います。追加料金の有無や総費用については事前に確認しておく事が肝心です。

殆どの美容外科では無料のカウンセリングを受け付けています。

キャビテーションに限らず、美容についての悩みや疑問についても適切なアドバイスを受ける事ができます。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

痩身治療には脂肪吸引などもありますが、体への負担を考えると躊躇してしまいますが、キャビテーションであればメスも使わずに脂肪を体外へ排出することができ痩身効果が期待できます。

気軽に施術は受けられるものですが、医師の技量が未熟である場合は修正が必要な場合もあります。

脂肪をとり過ぎて皮膚にたるみが生じたり、凹凸が目立つ場合などは修正が必要になり、脂肪をとり過ぎて皮膚のたるみなどの症状があらわれた場合には、修正で元に戻すことは難しいため脂肪を注入して修正します。

注入した脂肪がうまく定着しない場合は完全に元に戻すことは難しくなります。

多くの美容外科でキャビテーションの施術は可能ですが、上手な医師のもとに施術をすることが安全です。

分解された脂肪は肝臓へ送られ施術後に肝臓への負担を減らすことも必要で、万が一のことを考えるとクリニックで施術を受けることがおすすめです。

また上手な医師に施術してもらいたいと思っても、どのように見つけるかわらかない場合は、

こちらの相談所では、おすすめのクリニックや医師を紹介しておりますので、ご相談いただくのが良い選択です。

口コミを集計している当相談所でおすすめのクリニックを相談すると良いです。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*