脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

キャビテーションのダウンタイム、腫れたりする?

キャビテーションは切らない脂肪吸引とも呼ばれる大変効果の高い痩身法です。

美容外科や美容皮膚科だけでなくエステサロンでも施術を行っている安全性の高い方法ですが、部分ヤセをすることも可能なので人気を集めています。

キャビテーションのメカニズムはマシーンのブローブと呼ばれるヘッド部分から超音波を発生させ、それを痩せたいパーツに当てることで、脂肪細胞の隙間に気泡を生じさせます。

この気泡が破裂する際に脂肪細胞の膜が破れ、脂肪が溶け出し排出しやすい状態にすることができます。

特に運動などでもなかなか解消されないセルライトは周辺の毛細血管が寸断され燃焼しにくいものですが、こうした頑固なセルライトにも効果的に痩身効果を発揮できるところがこの痩身法のメリットです。

キャビテーションの施術を受けたいけれど、ダウンタイムが気になるという方もいらっしゃいますので、ドクターやエステサロンの説明を聞き、納得した上で施術を受けるのが良いでしょう。

キャビテーションのダウンタイム

穏やかに痩せるメカニズム

キャビテーションは切らない脂肪吸引と呼ばれているとおり、従来の脂肪吸引のようにメスを使ったり、吸引のためのニューカレを差し込むことがないので、大変体にかかる負担を軽くすることができます。

ダウンタイムとは手術による痛みや腫れ、内出血からの回復期間をさしますがキャビテーションにはこうした期間はありません。

メスを使わないので傷もつかないですし、脂肪は溶け出して血液の流れとともに体の外に少しずつ排出されます。

このように穏やかなメカニズムでの痩身ですのでそうした意味ではキャビテーションにはダウンタイムはないということになり、大変安全性が高く手軽に受けられる痩身法と言えるでしょう。

この施術を受けたあとにはオイルマッサージを受けることをおすすめします。

オイルマッサージをすることで血液の循環が良くなり、溶け出した脂肪を早く体の外に排出することができるため、エステサロンの中にはこのコースにオイルマッサージをセットしてあるところも多く見られます。

キャビテーションのダウンタイムに気をつけること

脂肪吸引手術の場合は、メスを使うため、皮下組織は大きなダメージを受けるので、長期にわたるダウンタイムが必要となります。

また、切らない脂肪吸引として人気のあるメソセラピーであっても、薬液を体内に注入して脂肪を溶解するため、痛みや腫れなどの症状はあらわれます。

キャビテーションの場合は、超音波によって脂肪を溶かし、溶けだされた脂肪を代謝によって体外に排出させる施術です。

メスや注射など外科的な治療ではないので、施術後の痛みや腫れなどの症状はなく、ダウンタイムもありません。

施術により身体がダメージを受けることもなく、安全性が高いので、手軽に受けることができます。

施術後の不快な症状はありませんが、効果をしっかり実感するための施術後の注意点がいくつかあります。

体内に水分がないと老廃物を排出しにくくなってしまうので、早く脂肪を排出するために水分はしっかりと補給しましょう。

また、施術後は栄養分が体内に吸収されやすい状態になっているので、施術後最低1時間は何も食べないか、高カロリーの飲食を避けるようにしましょう。

施術後2週間は脂肪が柔らかく落としやすくなっているので適度な運動でしっかりと脂肪を落としましょう。また、飲酒や喫煙は控える必要があります。

このように、効果を最大限に引き出す為に施術後に注意することはいくつかあります。

このような点についてもアドバイスしてくれるクリニックや医師を選択するのがおすすめです。

当相談所では信頼できるクリニック・医師を紹介しておりますので、お気軽にご連絡ください。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*