脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベイザーリポで失敗しないために知っておきたい3つのこと

手っ取り早く痩せたいとなると美容整形での脂肪吸引が重い浮かぶでしょう。嫌な脂肪を根こそぎ吸引してしまうことで、ほっそりスリムなボディをゲットできるはずだからです。

しかし、実は脂肪吸引は脂肪以外の血管なども傷付ける問題があったのです。脂肪を吸引する際にどうしてもその周辺の組織も一緒に吸引してしまうからです。そのため術後に患部が腫れたり内出血したりしていたのです。

そこで登場したのがベイザーリポという方法です。こちらは振動によって周囲の組織のダメージを抑えながら、脂肪細胞を効率よく吸引できるという方法です。

もちろん周囲の細胞のダメージを100%防げるわけではないですが、術後の腫れなどの程度が少なくなるというわけです。

脂肪吸引の問題が術後のむくみなどの圧迫ケアですから、ベイザーリポという方法はむくみが少ないことから、術後のケアも従来よりも比較的楽になったわけです。ただ、そんなベイザーリポでも失敗はあり得るのです。

ベイザーリポで失敗しないために知っておきたいこと

圧迫ケアの重要性

ベイザーリポは振動によって脂肪細胞の周辺組織のダメージを防ぐ脂肪吸引です。ただ、そうは言っても周辺細胞は多少は傷付きますし、医師の腕によってその程度も大きく左右されるのです。

腕の良くない医師にあたってしまうと失敗の原因になるのはもちろん、いくらベイザーリポとは言っても、術後の圧迫ケアを怠っては皮膚が凸凹した醜い仕上がりになってしまいます。

脂肪吸引で周辺細胞を傷付けない脂肪吸引だとしても、脂肪を支えるために伸びていた皮膚が縮むまでには時間を要します。凸凹のない美しい仕上がりにするには、術後のしばらくの間の圧迫ケアは必須なのです。

ベイザーリポで失敗しないためには、まずは評判のいいクリニックで腕のいいドクターに執刀してもらうこと。

そして医師の指示に従って術後の圧迫ケアはしっかりすることです。周辺組織を傷付けにくい方法と言われていますが、体についていた脂肪を取り去る方法ですから、術後しばらくは痛いです。

その痛みに耐えた適切な圧迫ケアが、美しい仕上がりに導くのです。

失敗例のまとめ

皮膚がでこぼこになる可能性もあるなどの失敗例をまとめます。
カウンセリングの前に必ずチェックしておきましょう。

beiza-riponoshippai

ベイザーリポ2.0に失敗して「でこぼこ」になるってどういう状態?

ベイザーリポ2.0による痩身治療は、治療を終えた後に皮膚がでこぼこになることもあります。脂肪をとりすぎることによって、皮膚が緩んだ状態に変わってしまうことが原因であり、医師と相談しながら脂肪をとる適切な量を決めていく必要があります。皮膚を引き締めるような治療も実施してもらえる環境になっているクリニックもあり、きれいにしてもらうこともできるため、さまざまな治療環境についても調べることが大切です。

左右差が生じてしまう可能性がある

ベイザーリポ2.0での痩身治療は、カニューレと呼ばれる管を体の中に入れて脂肪を取り除く内容になっています。管を挿入する場所や、吸引する強さなどによって、体の脂肪の付き方に左右差が生じてしまうこともあるため、経験が豊富な医師に治療をしてもらうことが重要になっています。機械を使いこなすためのセミナーを何度も受けている人なども、好い治療ができる目安の一つになっているので、調べることをおすすめします。

たるみが生じるリスクもある

ベイザーリポ2.0の治療では、肌がたるんでしまうこともあります。皮膚の下にかなりの量の脂肪があった状態を改善した場合に生じることが多く、脂肪を支えていた大量の皮膚が必要なくなったことが原因になっています。肌の引き締め効果があるような治療内容のため、他の治療よりはたるみなどの異常が生じにくくはなっていますが、さまざまなリスクについて考える必要があり、医師などと綿密な打ち合わせをすることが大切になっています。

名医に治療をしてもらうことが重要

ベイザーリポ2.0は、実施しているクリニックがまだ少ないですが、名医もいるので探すことが重要になっています。治療にむらができないように、体のバランスを考えた治療を行ってもらうことができるので、医師をしっかりと選択することが大切です。取り除いた脂肪を利用することで、豊胸などの脂肪を注入する治療をしてもらうこともでき、メリハリのあるような体に仕上げることも可能になっているため、魅力が多いです。

安い美容外科に注意

ベイザーリポ2.2は新しい脂肪吸引法として注目を集めています。
費用は施術を行う部位や、吸引する脂肪の量、そしてクリニックによっても変わります。
安いクリニックであれば約30万円程度という、費用で施術を受けられるようです。
難しい部分痩せを可能にしただけでなく、リバウンドもしにくい体質に変化するベイザーリポ2.2は、ダイエットの切り札とも言えるでしょう。
しかし、高度な技術が必要な脂肪吸引という事もあり、医師の技術不足によって失敗を起こしてしまうケースもあります。
失敗してしまうと脂肪を吸引し過ぎてしまい、不自然な見た目になったり、皮膚がデコボコと凹凸ができる、しこりが出来てしまう場合もあります。
このような失敗のリスクを少しでも下げるには、クリニック選びが非常に重要です。
東京でベイザーリポ2.2を受ける際は、医師の技術・知識が高いクリニックはもちろん、実際に施術を受けた方の口コミなどを参考にして、評判の良いクリニックを探しましょう。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*