脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

まさか知らないの?浅層脂肪吸引のデメリット

お腹、二の腕、脚など、気になる脂肪をなくす部分やせの方法では脂肪吸引が一般的ですが大きな問題が指摘されていました。それは脂肪吸引したあと、皮膚にたるみが生じる場合があるということでした。たるみが生じる原因は、脂肪吸引が皮膚の深い部分の脂肪をカニューレ(細い管)で吸引するため、皮膚の浅層の脂肪がそのまま残ってしまい、深い層をとって空洞になった部分に浅い層が沈んでしまうのです。そのため表面にたるみができてしまうのです。とくにに目立つお腹のたるみはデメリットになり問題になってきました。今までの脂肪吸引ではこのたるんだ皮膚を切除する「たるみ手術」を行ってきました。ですが切除するようなリスクを無しでこの問題を克服しようとしたのが浅層脂肪吸引です。これは 皮膚の浅い部分も脂肪吸引するために皮膚のたるみは生じません。ですがこれには高い技術力を必要とするという大きなデメリットがありました。へたな浅層脂肪吸引は逆に四仕上がりがやらないより悪化してしまうのです。
浅層脂肪吸引のデメリット

新技術カニューレ

例えば、浅層脂肪吸引は、そのままはぎ取るように吸引してしまうとダメージの方がおおきくなり、デコボコや血行の悪さなどさまざまなデメリットが生まれてしまいます。ですが、もし脂肪組織をこなごなにせず脂肪吸引できたらデコボコや血行の流れは悪くならずしかも、たるみもなくなるでしょう。そこで先端に振動エネルギーであるベイザー波を放出できるカニューレというものが発明されました。これは脂肪をやわらかくして脂肪吸引するというカニューレ技術です。この方法は、脂肪をやわらかくするために、組織をばらばらにせず脂肪吸引します。網の目状の脂肪組織が引きちぎることがないために、浅い層の脂肪をとったあと、のこった網の目状の組織がひっぱりあい皮膚のたるみを解消させるのです。このような皮膚の浅い層の脂肪を取り皮膚を収縮させる技術を「スーパーフィッシャル・リポサクション」と呼ばれていますが、ベイザー波の放出するカニューレ技術によって安全でデメリットの少ない浅層脂肪吸引は可能になったのです。

脂肪吸引の失敗と名医

The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*