脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ヴェラシェイプの修正はどうやる?

ヴェラシェイプはラジオ波、赤外線、吸引ローラーを使った温熱マッサージ効果により脂肪を解消する施術法です。切開したり薬剤を使用しない分、身体への負担も少なく失敗もほとんどありません。術後数日ほど筋肉痛のような痛みや赤みが生じることがありますが、安全性に関する心配はありません。
リスクが少なく、リラックス効果も得られることから人気がありますが、即効性はなく、効果が出にくい、または仕上がりに満足できないという方もいます。一度に大幅にサイズダウンできる方法ではありませんので、基本的に複数回継続して通院、施術することになります。効果に納得が行かない場合はヴェラシェイプと併用可能な施術を組み合わせるなどして修正します。ヴェラシェイプによりセルライトの改善や、血液やリンパの巡りがよくなるので、軽い運動を組み合わせることは有効です。サイズダウン効果を持続させるためには施術後も継続的な治療や生活習慣の改善などを行うことになります。
ヴェラシェイプの修正

他の施術とのあわせ技

ヴェラシェイプの失敗例はほとんどありませんが、人によっては腫れや赤みが目立ったり、症状が引くまでに通常より時間がかかる場合があります。皮膚が弱く刺激を受けやすい方は、施術期間中日差しを避けるようにしてなるべく刺激を与えないようにすることで経過を良くします。
また部分痩せを行った場合、左右差が気になることもあります。元々代謝が悪い方や、冷え性で深刻なむくみや固太りがあると、ヴェラシェイプを繰り返し行っても引き締め効果にムラがあったり、全くでないこともあります。痩身には様々な方法があり、患者ひとりひとりに最も適した施術法は異なりますので、適宜他の施術との組み合わせを検討しながら希望する体型に近づくように修正していくことになります。
まれにですが皮膚にデコボコが生じて拘縮を引き起こす例も報告されています。医師の技術力に問題がある場合が多く、滅多にあることではありませんが、拘縮を修正するにはその部分を除去するしかありません。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*