脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

サーモコン(TCR)のダウンタイムは知っておくべき!

整形は身体の場所に応じて様々な施術方法があります。足の太さで悩んでいる方には脂肪吸引や筋萎縮術などがあります。ふくらはぎの場合はサーモコン(TCR)と言う神経を切断する施術が効果的です。ふくらはぎの膨らみは発達した筋肉によるものが多くあります。そのため、脂肪吸引ではなかなか効果が得られない場合が多いです。しかし、その場合に有効なのは筋肉を太くする神経を見つけて切断することです。すると足の膨らみがなくなりスリムになるのです。ただし、サーモコン(TCR)の場合はすぐに効果が現れません。施術自体が神経の切断だけなので、術後しばらく経たないと効果が出ないのです。個人差はありますが、大抵は術後一ヶ月後から三ヶ月後に現れます。そして多くの整形施術には術後に痛みや腫れなどの症状があります。それらの症状が落ち着くまでの期間をダウンタイムと言います。やはりサーモコン(TCR)の場合もダウンタイムはあります。
サーモコン(TCR)のダウンタイム

ヒール履きケアが重要

サーモコン(TCR)のダウンタイムは一週間程です。しかしそのダウンタイム中に痛みや内出血、腫れなどの症状はほとんどありません。施術自体、細いカニューレを指すだけなので痛みもほとんどなく、傷跡も目立たない程度です。神経を切断したと言っても歩行に問題はないので、術後歩いて帰ることもできます。しかし、この間に注意してほしいのは靴です。神経の切断は両足に行いますが、左右の違和感を出さないためにヒールを履き続ける必要があります。術後一週間は7cm以上のヒールを履くようにして下さい。そして一ヶ月後に効果が出てきた際に左右のバランスが違うようであれば、施術を受けたクリニックに相談して下さい。再手術で調整してくれる可能性があります。このようにサーモコン(TCR)のダウンタイム中は施術による痛みや腫れなどといった症状はほとんどないので仕事や学校は普通に通えます。しかし、この間に履く靴だけは高さのあるヒールを履くようにして下さい。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*