脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

リジェンスリムの修正って大変なの?

リジェンスリムは従来の方法に比べ施術後の腫れが少ないのが特徴です。手軽に始められることや、手術で脂肪を取るほどではないという人に人気がありますが、効果に個人差が出ることから修正を希望される方もいらっしゃいます。
リジェンスリムの仕組みは脂肪融解と脂肪の燃焼や代謝を促進する成分を注射することで、その箇所の脂肪を減らしていきます。部分痩せに特に効果があり、ウエストのくびれやお尻を一回り小さくするなどダイエットでは難しいシェイプアップが可能ですので、希望のボディラインを作ることができます。代謝によって脂肪を取るので、血流が悪く冷たい箇所では効果があまり現れません。注射と合わせてマッサージを行いますが、回数を増やすことになります。
リジェンスリムは定期的に複数回治療することが基本となりますが、施術後希望通りに仕上がらない場合は吸引など他の治療法を組み合わせたり、治療法を変える必要があります。その分費用がかさむことになりますので、カウンセリングでは担当医師とあらかじめ方向性をしっかり定めておくことが大切です。
リジェンスリムの修正

効果がマイルドな施術

リジェンスリムはトラブルの起きにくい方法ですが、起こりうるトラブルとしては二の腕や太もも、ふくらはぎなどに左右で差が生じることがあります。これを修正するには必要に応じて再度薬剤を注入し、バランスを取ります。
深刻な例としては、皮膚に凹凸が生じる場合があります。これは注射する場所や入れ方により、ムラが出てしまうことにより皮膚の下に塊が出来てしまうためです。腫れが引いたタイミングでマッサージを行うとその箇所が柔らかくなり次第に解消されますが、数か月経っても改善が見られない場合は失敗と判断します。見た目に悪いだけでなく、凹凸ができたことによりたるみが生じることもあります。この場合も再度リジェンスリムを行うことで取り切れなかった脂肪を無くし、ボディラインを整えていくことになります。
リジェンスリムはマイルドな効果のため、急激に取り返しのつかなくなるような失敗はほとんどありません。気になる症状があれば定期通院の際担当医師に相談するとよいでしょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*