脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

レーザースタイリングのダウンタイムのタブー

レーザースタイリングは、レーザーを使用して余分な脂肪を溶かし、部分痩せを目指す施術です。3種類のレーザー波長から2種類を選択して脂肪層の深さや個人が希望する治療箇所などを加味して照射していく方法です。レーザースタイリングのダウンタイムは、治療をする部位や年齢、体格によって異なりますが、圧縮サポーターは出血予防のために数日間はつけることが大切です。数ヶ月間つけ続けることで、皮膚のたるみや凹凸を減らすことができ、美しい仕上がりが期待できます。術後は、麻酔が覚めて歩けるようになったら帰宅することができます。麻酔から覚めるまでの時間は麻酔の種類によっても異なりますが、静脈麻酔を行なった場合には、一時かンから3時間ほどで覚めるのが目安となります。お風呂は、施術部位にもよりますが、身体の施術を行なった場合は、三日後、固定がはずれた時点て可能です。施術部位が顔の場合には、レーザースタイリングの施術翌日から入ることができます。
レーザースタイリングのダウンタイム

メリットが多い施術法

レーザースタイリングのメリットは、食事制限や運動をして行なうダイエットではなかなか落とすことができない脂肪にはたらきかけることができるところです。皮下脂肪にレーザーが直接はたらきかけ、痩身へ導いていきます。治療後から少しずつ効果を実感でき、およそ2ヶ月から3ヶ月後には高い効果を実感できます。ゆるやかに痩せていくため、周囲からも自然に見えます。融解された脂肪は、体内に吸収されたのちに汗や尿となって体外に排出される仕組みです。早く効果を実感したい場合には、レーザースタイリングを行なった後、融解した脂肪を機器を使用して排出させる施術を行ないます。皮下脂肪を完全に液化してから排出するため、身体へのダメージが少ないのが魅力のひとつです。施術に使用するレーザーは、内出血がおきにくく、腫れにくい特徴があり、痛みもなく、ダウンタイムも短くてすむという特徴があります。リバウンドが起きにくいのもメリットですが、腕の良い医師が行なわないと、効果を感じにくい場合があります。クリニック選びは慎重に行ないましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*