脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

PAL脂肪吸引のダウンタイム。日常生活に支障は無い?

脂肪吸引はかつてより行われていた施術ですが、当初は出血が激しいことから輸血をする必要まであったために痩せたいと思っていても手軽な施術とは言い難いものでした。今日主流となっているのがチューメセント法と呼ばれているものであり、脂肪吸引の前に脂肪を乳化させて吸引しやすくしたり、痛み止めの麻酔や出血防止のための成分が含まれた生理食塩水を体内に注入してから行うという方法です。この方法をより安全性が高く効果的に行なうことができるように進化したものがPAL脂肪吸引です。
PAL脂肪吸引は、チューメセント法よりも体に負担が少ないので施術後のダウンタイムも少なく、より身近になった脂肪吸引施術の方法です。人の体の中の脂肪は固まっているのではなくあちこちに散らばっているものであり、取り残しなくよりたくさん吸引するために効果を発揮する方法であり、短時間の施術を一度で済ませることができるために予算的には比較的リーズナブルです。
PAL脂肪吸引のダウンタイム

メカニズムは?

これまでの脂肪吸引施術では、チューメセント法によって腫れや内出血、痛みなどのトラブルは大幅に改善できていたものの、体に負担を与えていることからそれなりのダウンタイムがありました。PAL脂肪吸引では、短時間の施術で終わらせることができるために体へのダメージが少なく、その分だけダウンタイムもなくすぐに日常生活に戻ることができます。
脂肪吸引にはさまざまな方法がありますが、体の中に入れて脂肪を吸い出す管でもあるカニューレを使用することになります。このカニューレに特殊な機材をつけて、一分間に数千回もの振動を与えて効果的に脂肪吸引を行うというのがPAL脂肪吸引です。チューメセント法のように、特殊な注射を行ってから脂肪が乳化するまで待つということもなく、すぐに始めることができます。振動によって大事な臓器を傷つけてしまう可能性がある施術でもあるので、信頼のできる腕のいい医師に行ってもらうということは非常に重要になります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*