脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

NICRのダウンタイム、痛み、期間は?

ふくらはぎが全身の体型の割りにふっくらとして、コンプレックスに思っている方は多くいます。特に女性の場合はスカートを履くと、それが露わになってしまうため悩んでいる方もいます。そんな方々におすすめの整形方法があります。それはNICRというふくらはぎの筋委縮術です。ふくらはぎが太い場合、脂肪よりも発達した筋肉により太くなっている場合があります。そこに脂肪吸引をしてもあまり効果がありません。効果的なのは発達した筋肉を委縮させるNICRです。この施術はふくらはぎを2箇所に小さく切開し、細い器具を入れて太くする神経の一部に高周波を当ててブロックします。そうすることにより筋肉の発達を防げるので、筋肉質だったふくらはぎをスッキリと細くすることができるのです。以前はふくらはぎの痩身施術と言うと神経の切断でした。この方法はふくらはぎの内側のみの効果でしたが、NICRは内側と外側の両方に効果的です。しかも神経切断術と比べ、ダウンタイムも短く、傷跡も小さいのがこの施術の特徴です。
NICRのダウンタイム

専門性の高い施術法

NICRのダウンタイムは2週間程です。その間は筋肉痛のような痛みや痺れがありますが、我慢できる程度です。また術後は麻酔による腫れがありますが、数日で治ります。内出血はほとんどありませんが、ダウンタイム中は過度な運動はしないようにして下さい。しかし、ダウンタイムが過ぎても効果が全くなく、マッサージをしても引き攣るような痛みがある場合は担当医の技術力が低かった可能性が考えられます。そのため、NICRを受ける際は施術経験が豊富な信頼できる医師がいるクリニックを選ぶことをおすすめします。神経ブロックという専門の施術なので、経験の浅い医師が行って失敗すると歩行障害が出る可能性もあります。また、この施術は両足に行うため、術後の左右のバランスも重要になります。いくらスリムになっても左右のバランスが悪ければ、せっかくの効果も台無しです。そのようにならないためにも、施術を受ける際はきちんとした医師とクリニック選びが重要です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*