脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

リポビーンの失敗3つ、知ってますか?

リポビーンとは、脂肪溶解注射のことをいいます。脂肪溶解注射とは何かというと、減量させたい皮下脂肪を薬剤を注射して溶かすことによって減量させる治療法になります。これはリバウンドせず、ダイエットできるとして注目されたときがありましたが、直接脂肪を溶かす効果の強い薬を体内に入れることによる副作用などの失敗例も過去に出ています。効果としては脂肪吸引と同じような効果が望めるでしょう。病院によっては、脂肪吸引を行うよりも早く効果が出るかもしれません。

しかし、その分前述した副作用の影響が出てしまう人がいるということも言われています。この副作用とは主に、むくみや腫れが顔や体に出てしまうといったものが挙げられるでしょう。中にはこの副作用が出ずに済むという人もいます。要は薬での治療ですので人によって個人差があるということなのです。リポビーンは整形外科や美容内科などで施術を受けられるということからも、効果が期待されているものであるということが分かるのではないでしょうか。

リポビーンの失敗

副作用と失敗例

この施術を受けるときに注意しなければならないのは副作用の面ですが、それ以上にリポビーンによる施術の失敗ということにも注意を払わなければなりません。この失敗の例としては、脂肪を予定よりも取りすぎてしまったということや、予定よりも脂肪が残っているという場合がちゃんとクリニックを選ばないと起こりうるのです。施術後のトラブルを防ぐためにも、技術力の高く専門的にその研究など行っている医師などであれば、このようなリスクも少ないのではないかと考えられます。リポビーンは早くきれいになれるというのが魅力の一つです。

しかし、失敗してしまうとお金がさらにかかってしまいますし、副作用が出てしまうと、せっかくやった施術も気持ちのいいものではなくなってしまいます。気持ちよくダイエットするためにも、まず自分の体質を知って、きちんとした技術力と専門性のあるクリニックに受診するということが重要なのです。もしよかったら、是非参考にしてみてください。

リポビーンの失敗、知ってますか?

そんなのアリ?リポビーンでの失敗、「プチ整形の副作用・危険性」

リポビーンは、従来の脂肪溶解注射よりもより高い効果が期待できることで人気の注射です。
切開しない手術なので、脂肪吸引に抵抗がある人でも気軽に痩せることが出来るので、簡単に決意する人も多いものです。
しかし、手軽な手術ではありますが、プチ整形の副作用・危険性をきちんと理解しておく必要もあります。
簡単な手術であっても、異物を体内に挿入するので、注射による色素沈着や肌のデコボコなどのリスクもあります。

注射をしても痩せない

リポビーンとは、脂肪溶解注射の種類の名称です。
これは、痩せたいけれど脂肪吸引をするのには抵抗がある人に適した、痩身手術の方法です。
皮膚の切開などの必要もなく、痩せたい部分に注射を打つだけなので短時間で済むのが特徴です。
しかし、注射をしても痩せないという人も多くいます。
この注射は1回の手術では効果は現れにくいものです。
約1週間程度で変化が若干出てきますが1ヶ月ごとに数回の注射が必要です。

効果が出るまで回数が多くかかる

リポビーンの脂肪溶解注射は1回の注射では効果はほとんど感じられません。
この手術は、脂肪吸引とは異なり即効性が期待できないのがデメリットです。
個人差はありますが約1~2週間で徐々に効果が感じられます。
注射後に落ち着いてきた1ヶ月を目安に、注射を繰り返し行う必要があります。
仕上がりの状態にもよりますが、大体3~5回の注射が必要になるので、効果が出るまで回数が多くかかるので、注意しましょう。

名医による判断も大切

リポビーンは、手軽に行える痩せるための手術ですが、手術においては医師の正しい判断力と、技術力が必要となります。
脂肪溶解注射では、注射後のケアなどの説明がきちんと行われなかったりアフターケアがきちんとしていない場合、仕上がりが不自然になってしまったりします。
元の状態によっては、最適な方法でない可能性もあるので、知識の豊富な名医による判断がとても大切になってきます。

医師選びを慎重に行いましょう。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*