脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

リポビーンのダウンタイムに気をつけること

リポビーンとは脂肪融解注射のことです。皮下脂肪のついている箇所ならどこでもできます。そのため、他の整形方法よりも広範囲に行える施術となっています。施術は注射を射つだけなので、プチ整形の部類になります。身体にメスを入れるわけではないので、整形が初めての方でも受けやすい施術です。身体についた脂肪が気になるけど、本格的な脂肪吸引などの整形方法は怖くてできないという方々が受ける施術です。この施術で体型をスリムに維持する場合は定期的な注射が必要となります。そして注射後に体内の脂肪が徐々に融解するので、術後すぐにスリムになるわけではありません。効果が現れるのは術後、一週間から二週間くらいです。また、より効果を出すために定期的に行う場合は月一回ほどのペースで行う必要があります。そしてリポビーンもプチ整形と言っても、きちんとした整形施術なのでもちろんダウンタイムはあります。そして施術によって副作用が現れる可能性もあります。
リポビーンのダウンタイム

痛みに適切な対処を

リポビーンのダウンタイムは個人差がありますが、三日間ほどです。その間の症状としては痛みや腫れ、内出血の可能性があります。それらの症状が現れた際にはアイスノンや冷やしたタオルできちんと冷やして下さい。また、痛みに関しては施術を受けたクリニックで処方された鎮痛剤を服用すれば緩和されます。しかし、酷い痛みや大きな腫れが続く場合はすぐにクリニックに相談して下さい。リポビーンによる副作用が出ている可能性があります。リポビーンの副作用には他にもかゆみや、触れた際の敏感さ、皮膚の窪みや塊があります。異変を感じたらすぐに医師に相談して下さい。このようにプチ整形といっても体質や施術先の処方によっては失敗したり、副作用が出る可能性があります。受ける際にはそのようなリスクもきちんと説明してくれるクリニックを選ぶことをおすすめします。また、そのような副作用が出た際にどのように対処してくれるのかもあらかじめ聞いておいた方がいいです。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*