脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

知っておいて欲しい腰部の脂肪吸引のデメリット

脂肪吸引時、周辺の組織を傷つけてしまうと術後、腫れや痛みがありますので、サポーターなどでカバーしたとしても着衣には充分考慮する必要があります。特に 腰部周辺は女性のファッションの重要なポイントですから、これは大きなデメリットと言えるでしょう。
これを解消する一つの方法として、マタニティウェアを利用するのはいかがでしょうか。最近のマタニティウェアはデザイン的におしゃれな物も多く、機能的に体への負担の少ないつくりになっています。
また、腰部の腫れ、痛みにともない行動にも制限が出てきます。人によっては、仕事や家事、育児、外出に支障が出てくることも考えられます。
それ以外にも、術後のアフターケアも気がかりになってきます。知人の体験談、インターネットで知り得た情報だけでなく、担当の医師からマッサージや入浴条件など細かい点まで充分な説明を受ける必要があります。
そして、それが自分にとって可能であるかどうかを自分で判断しなくてはいけません。
脂肪吸引の手術には高額な費用がかかりますが、失敗の可能性が0ではないなどのリスクを理解した上で施術にのぞみましょう。
腰部の脂肪吸引のデメリット

大切なのは目標と結果

脂肪吸引は他のダイエットに比べて比較的短時間での痩身効果が期待できます。
長い時間をかけての食事制限や運動は途中でくじけることも多く、ダイエットには成功したものの痩せたくない部分まで・・・という残念な結果をまねくこともあります。
これだけを考えると高額な費用もデメリットではあるものの致し方ないと思います。しかし、脂肪吸引がダイエット目的であればこれだけはおさえておきましょう。脂肪を吸引をすれば、当然その分の体重が減っているわけですから消費カロリーも減り、術後、それ以前と同じ生活習慣であれば、リバウンドはします。消費カロリーが減った分だけ消費するカロリーを減らすか運動量を増やさなければ体重は元に戻ります。
単に腰部が他の部分より痩せていれば良いのであれば問題はありません。また、理想の腰部を手に入れ嬉しくて外出が増えた結果、運動量が増えリバウンドを回避できるかもしれません。
大切なのはその目的と結果。
体重をとるのか全体のバランスを重視するのかをよく考え、どんなデメリットがあるかを充分に理解し美しい身体を手に入れましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*