脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

印象が変わる!ひざの脂肪吸引を選択するメリットとは

冬場はタイツなどを履くことが多い為、それほど気になりませんが、春から夏にかけてストッキングや素足になると気になるひざ回り。
足を伸ばした時、膝の周りに脂肪がもたついていると格好が悪い上に膝が曲がって見えます。
ひざ回りの脂肪は自分の努力でどうにかするのが難しい部分です。
美容外科での脂肪吸引はひざ回りにも効果的です。
吸引手術を受ける前に、方法や術後の経過、メリット、デメリットを知っておきましょう。
脂肪吸引手術方法には切らない方法と、切る方法があります。
切らない脂肪吸引はメスを入れることに抵抗がある人に向いており、手術中や術後に痛みや腫れが出たりすることが少なく、ダウンタイムも短くて済むなどのメリットがあります。
切るタイプは皮膚を切開し、吸引管を入れて吸引する方法です。
切開するので強い痛みが残るなどの負担はありますが、一度に多くの脂肪を吸引することができる確実なサイズダウンが可能です。
脂肪の量やどこまでサイズダウンしたいかによって適した方法があるので、カウンセリングで相談してみましょう。
ひざの脂肪吸引のメリット

様々なトラブルも考えられる

脂肪吸引の手術前のカウンセリングが十分でないと失敗してしまうことがあります。
失敗例としては、効果が感じられなかった、術後の腫れがずっと引かない、皮膚がたるんでしまったなどがあります。
効果が感じられない原因は、医師の技術不足や医師と患者のコミュニケーション不足などが考えられます。
手術中に他の組織を傷つけてしまった場合は、腫れが引かないというトラブルになります。
また、必要以上に脂肪を取り過ぎてしまうと皮膚が余った状態になり、しわができてしまいます。
このようなリスクもありますが、成功した時に得られるメリットは大きいと言えるでしょう。
脂肪吸引をすることによって、太ももから膝の上の肉がなくなり、ひざがすっきりとします。
もたついた脂肪によって横から見たときにひざが前に曲がって見えていた部分がなくなるので、まっすぐな足のラインになります。
太ももに比べると地味なパーツですが、脂肪がなくなることによってスタイルが格段に良く見えるようになるのです。
カウンセリングをきちんと行うクリニックを選び、技術力の高い名医に執刀してもらいましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*