脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)のリスク知ってる?

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)とは、いわゆるししゃも足や大根足などふくらはぎが太いことで悩んでいる人におすすめの美容整形術の一つです。

脂肪吸引でふくらはぎを細くする痩身法もありますがあまりふくらはぎに脂肪がついておらず、筋肉が発達しすぎていることによって太くなっている場合やボトックス注射によるふくらはぎの筋肉を麻痺させる方法でもあまり効果が期待できない場合におこなう施術法です。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)を行うことで、通常の脂肪吸引は効果が得られない筋肉の発達をしているふくらはぎの人であっても、筋肉自体を細くしていくため確実に細くすることが期待できます。

では、ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)を行うことでのリスクにはどんなことがあるのでしょうか。
施術はほとんどの場合成功することが多いですが、その反面リスクと隣り合わせであるのが美容整形です。

あらかじめリスクを把握しておくことで、実際に施術を受ける場合に参考になりますので考えてみましょう。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)のリスク

発達したケースに有効

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は、筋肉に通っている神経を遮断して筋肉の収縮を抑制することで細いふくらはぎにしていく施術法です。

学生時代にスポーツ系の部活をしていてふくらはぎの筋肉が発達しすぎてしまった場合に特に有効である方法で、施術後3~6ヶ月ほどで徐々にふくらはぎが細くなっていくことが実感できるようになります。

ダウンタイムは3~4週間ほどで、腫れや痛みなどがしばらく続くことがあり、費用は50~80万程度が相場と言われています。

では、ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)で考えられるリスクとしては、筋肉の神経を遮断するので筋力が弱まることです。

ただ、歩行が困難になったり日常生活に支障が出るようになるほど弱まるわけではありませんので問題はありません。
しかし、もし失敗した場合には歩行障害に発展する可能性もあるので注意が必要といえます。

施術を検討する際には、十分にリスクのことも理解した上で施術に臨むようにするのが望ましいといえます。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*