脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

大根足修正(ふくらはぎ)のアフターケアは何に気をつければいい?

大根足修正(ふくらはぎ)のアフターケアで注意すべきことは、禁煙です。喫煙は血液循環を悪くさせてしまうため、傷の治りが遅くなります。また、傷口にはたんぱく質が集まるので、細菌の温床になっている期間が長いと細菌感染のリスクも高くなります。最低でも、術前の2週間?術後1ヶ月は禁煙することが大切です。
そのほかのリスクとして、筋力が弱まることで歩行障害が起こる可能性があります。うまく歩けない、立てないという場合もあるので、外出は控えたほうが良いでしょう。
あまり患部をいじると、縫合部が開いて傷が開いてしまうことがあります。もし糸がとれてしまったら、手術を受けたクリニックで再び縫い合わせてもらいましょう。
大根足修正(ふくらはぎ)のダウンタイムには個人差があります。腫れはほとんど目立ちませんが、手術の際に毛細血管を傷つけてしまうと2?3週間ほど内出血が起こる可能性があります。ただし、これは自然に回復します。
大根足修正(ふくらはぎ)のアフターケア

入浴はNG

大根足修正(ふくらはぎ)は「下腿筋委縮術」という手術によって、筋力を衰えさせてふくらはぎを細くします。
縫合が必要で、抜糸は1週間後に行います。
傷口を防水テープで保護すれば、手術翌日からシャワー浴は可能です。ただし、入浴すると血流が良くなって炎症が起こったり、出血しやすくなるので避けるようにします。
通院は術後1週間の抜糸のときで、完成までの6ヶ月間は問題があれば早めにクリニックに相談するようにしましょう。
傷の経過は、最初は赤く、徐々に薄茶色、白色に変化していきます。術後3?6ヶ月で傷が硬くなり、自然な皮膚の状態に回復していきます。術後は少々痛みが出るのが普通です。
大根足修正(ふくらはぎ)の術後から徐々に筋肉が衰え始めて、力こぶができなくなって3?6ヶ月かけて筋肉が痩せて効果が感じられるようになります。
大根足修正(ふくらはぎ)は手術中に神経を傷つけてしまう危険性もあるので、安全な治療と適切なアフターケアを教えてくれるクリニックを相談所で探すようにしましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*