脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ボディジェット脂肪吸引のダウンタイム期間は?

ボディジェット脂肪吸引は、脂肪吸引の1つです。
カニューレという器具によって脂肪を吸引するのは、従来の脂肪吸引と同じですが、吸引する前にジェット水流を脂肪に当てるという違いがあります。
脂肪は筋肉や神経、血管など他の組織にもついているので、無理やり吸引すると他の組織を傷めます。
ですので、今までの脂肪吸引は内出血が起こりやすかったのです。
一方、ボディジェット脂肪吸引の場合、麻酔と止血効果を加えた脂肪溶解液を、ジェット水流にして脂肪に当て、脂肪と組織を一旦引き剥がしてから吸引します。
こうする事によって、他の組織へのダメージをかなり軽減できるのです。
また、セルライトなど硬い脂肪も、吸引しやすい点もメリットです。
脂肪のみを吸引できるという事もあり、ボディジェット脂肪吸引は他の脂肪吸引法と比較すると、ダウンタイムは短いと言われています。
個人差はありますが、施術後の腫れや痛みといったダウンタイムは、2週間前後続くケースが多いようです。
ボディジェット脂肪吸引のダウンタイム

通常で約2週間

ボディジェット脂肪吸引は、他の脂肪吸引法よりもダウンタイムが短いと言われています。
施術部分の腫れや内出血が続く期間は、約2週間ほどです。
また、施術後は約1週間程度、筋肉痛のような痛みが続きます。
ただ、ダウンタイムは医師の技術によって、長くなるケースもあるので、その点は注意しましょう。
技術不足の医師が施術を行った場合、脂肪を吸引しすぎてしまい内出血など症状が、強く出てしまう事があるのです。
また、医師の腕によって仕上がりには大きな差ができます。
技術の低い医師が施術を行うと、失敗のリスクも高まるでしょう。
ボディジェット脂肪吸引後、できるだけ早く日常生活に戻りたい、失敗のリスクを軽減したいという場合、医師選びが非常に大切になります。
技術と知識の高い医師を選ぶ事が、ボディジェット脂肪吸引成功への近道です。
もし、クリニック選びや医師選びに悩んでしまったら、当相談所にご相談ください。
名医と言われる医師をご紹介します。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*