脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベイザーリポの修正が必要になる場合とは

脂肪吸引手術法の1つにベイザーリポがあります。ベイザーリポは振動エネルギーを利用することで、周囲の組織のダメージを抑えながら脂肪組織のみを取り除く方法のことを指し、患者にとっても負担やリスクが少ないこと、また、医師にとっても出血などのリスクを最小限に抑えることができることから、広く行なわれている施術法となっています。反面、その手法から、従来の脂肪吸引の経験が少ない医師が行なうことも多く、この場合にはトラブルにつながってしまうこともあります。万が一、そのような状態になってしまった場合には修正が必要となり、症状によっては別の美容クリニックへの依頼が必要となることもあります。
ベイザーリポを受ける場合には、トラブルを避けるためにも、技術や経験のある美容クリニックを選ぶ必要があり、ここでは、従来の脂肪吸引などの基本技術が優れているとともに、機器の性能を使いこなせる能力を有しています。また、修正の技術もあるためにきれいな身体にすることができるようになります。

ベイザーリポの修正

成功させる必須条件

ベイザーリポは、患者や医師、双方のおいて非常にリスクの少ない脂肪吸引手術法となりますが、医師のレベルが低い場合には修正を必要とするトラブルになってしまうこともあります。ベイザーリポの修正の中でも最も多いものとしては、凹凸と皮膚のたるみがあり、通常、技術がある医師では、このような状態にはならないことがほとんどです。ところが、経験の少ない医師の中には脂肪を取るために、スピードを重視するあまりに太い吸引管を使用する場合があり、ここでは脂肪を根こそぎ取ってしまうこともあり、皮膚の表面に醜い凹凸や出てしまうことになります。技術のある医師の場合には、万が一皮膚に凹凸が出そうであれば、その場で修正をしながら施術を行なっており、そのためにトラブルを最小限に抑えることができます。
ベイザーリポを成功させるには、従来の脂肪吸引の経験が豊富であることや、脂肪吸引に関しての基本的な技術を持った医師が担当することが絶対条件となります。また、美容医療の1つとなるためにデザインセンスも必要になり、依頼をする場合には、これまでの症例写真を見せてもらうことも大切なことになります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*