脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ヴィーナス痩身のデメリット、知らなくて大丈夫?

ダイエットといえば、運動をする他人もエステに行ったり、脂肪吸引などで痩せる方法もあります。運動ではどうしても続かなくて、そんなことをしている時間がないという人は、エステや脂肪吸引をするという人もいます。
エステの場合、効果の持続性についてがデメリットになります。継続的な効果を期待するなら、エステは定期的に通わなくてはいけません。やめてしまうとリバウンドをしてしまう可能性が高く、その分費用もかさみます。
脂肪吸引は体にメスを入れなくてはいけないので、外科手術と同様のデメリットがあります。つまり感染症やダウンタイムの長さがあります。
そこでその中間の方法としてヴィーナス痩身というものが最近登場しました。ヴィーナス痩身の場合ですとエステのようにリバウンドをすることもなく、脂肪吸引と違って体にメスを入れることもありません。そのため脂肪吸引ほど大掛かりなのは嫌だけど、エステよりは効果を求めている人にはぴったりです。
ヴィーナス痩身のデメリット

主に2つのリスクがある

ではどのようなことをヴィーナス痩身で行っているのかというと、レーザー照射と吸引機を同時に行っています。レーザーは4つの周波数を照射することで、セルライト等を溶解して体外に排出されやすい形にいます。その後吸引機によって患部を吸い出し、エステと同様の効果を出し手、老廃物を体外へ排出するように促します。
デメリットとしてはヴィーナス痩身は脂肪吸引ほどの効果はないということです。レーザーによって患部を照射することで、セルライトを効果的に溶かすことができますが、脂肪細胞を直接溶かすことにそれほど効果はありません。またレーザーを使っているので、皮膚の表面に火傷を負ってしまう可能性があります。施術中もチクチクとすることがあり、吸引機の効果によって、内出血が起こる可能性があります。
このようなデメリットがありますが、ダウンタイムもほとんどなく、すぐに日常生活に戻ることができ、エステよりは効果的なので、脂肪吸引に抵抗がある方にはお勧めです。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*