脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベントエックスリポサクションのダウンタイムや注意点

ベントエックスリポサクションは、脂肪吸引法の1つです。
ベイザー脂肪吸引で使用される、器具を使って脂肪を吸引していきます。
通常、ベントエックスリポサクションといえば、ベイザー波で脂肪を柔らかくしてから吸引するのが特徴です。
脂肪をベイザー波によって、柔らかくすると吸引する際に、筋肉や神経、血管といった他の組織にダメージを与えにくくなります。
ですので、従来の脂肪吸引法にあったような、酷い腫れや痛み、内出血を軽減する事が可能です。
施術後の、腫れや痛み、内出血の症状が軽いケースが多い為、比較的ダウンタイムは少なくて済みます。
しかし、これは技術の高い医師が施術を行った時のみに言える事です。
未熟な医師が施術を行った場合、他の組織を傷つけてしまいダウンタイムが長くなる傾向にあります。
ですので、ベントエックスリポサクションを受ける際は、医師選びを慎重に行う事が失敗のリスクや、ダウンタイムを短くする為に必要不可欠です。
ベントエックスリポサクションのダウンタイム

2つの技術をつかった施術法

ベントエックスリポサクションは、ベイザー脂肪吸引に用いられる特殊なカニューレを使った脂肪吸引法です。
ベイザー波によって脂肪を柔らかくし、吸引しやすくします。
ただ、体に直接施術を行う為、施術後は痛みは腫れ、内出血といった症状は避けられません。
このような症状は約2週間ほど続きます。
ただ、注意したいのはベントエックスリポサクションと言いつつ、ベイザー波を照射せず脂肪を吸引するクリニックがあると言う事です。
ベイザー波を使用しなければ、脂肪が柔らかくならない為、筋肉や血管、神経といった他の組織を傷つけるリスクが高まります。
すると、施術後の症状も重くなってしまい、ダウンタイムも1か月以上と長くかかるケースが考えられます。
ですので、ベントエックスリポサクションを受ける際は、ベイザー波を使用しているか、そして医師の技術をしっかりチェックしましょう。
当相談所では名医と言われる、技術の高い医師をご紹介しています。
ご気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*