脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

知っておきたいウルトラゼットのダウンタイム!

食事制限や運動を頑張っていてもダイエットを成功させるのは難しいものがありますが、脂肪吸引を行えば痩せたい部分をしっかり細くすることができ、リバウンドを防ぐこともできます。

脂肪吸引は効果が高い痩身術ですが、やはり体にはある程度の負担もあり、ダウンタイムも長くなる傾向にあります。最新の治療ではより体への負担が抑えられていますので、できるだけ最新の治療を選ぶことがおすすめです。

ウルトラゼットも注目されている治療です。ウルトラゼットは超音波の振動を利用して脂肪を液状化させることができますので、従来の脂肪吸引と比べてより痛みや内出血や腫れを抑えることができます。

脂肪吸引では肌が凸凹になるなどのトラブルも起きることがありますが、そうしたリスクも少なく、治療後のダウンタイムも大幅に抑えられるようになっています。

他の重要な組織にダメージを与えることなく余計な脂肪を吸引することができるのもウルトラゼットのメリットです。

ウルトラゼットのダウンタイム

メリットとデメリット

体に負担の少ない脂肪吸引治療では脂肪があまり取れないのではというイメージもありますが、ウルトラゼットはキャビテーションを利用して脂肪を液状化することができますので、体への負担を抑えつつもしっかりと脂肪を吸引することができます。

治療が成功すれば、体への負担も少なく、スタイルの悩みをしっかり解消することができますが、ウルトラゼットはまだ日本では症例が少ないので、対応している医療機関はまだあまり多くはありません。

医療機関選びを間違ってしまうと、施術後の痛みや腫れが強く出てしまったり、内出血がなかなか引かないなどの問題が出てしまいます。

そして一度にたくさんの脂肪を吸引できる施術ですので、脂肪を取り過ぎてしまうこともあるので、こちらも注意が必要です。

医師の技術力が不足しているとダウンタイムが長くなってしまいますので、クリニックの評判はしっかりと調べ、できるだけ高い技術で対応してくれる医師に担当してもらいましょう。

ウルトラゼットのダウンタイムの過ごし方

ウルトラゼットは韓国発の脂肪吸引マシーンで、キャビテーションを起こすことで脂肪細胞を液化し、脂肪を吸引します。超音波の振動エネルギーによって脂肪細胞を不安定な状態にし、最終的にはそれら全てを破壊して液状化します。

この現象のことをキャビテーションと呼び、液状化することで吸引時の負担を軽減できるので、内出血や腫れといった症状を軽くすることができます。

脂肪吸引は体への負担が大きく、できるだけ吸引時に発生するダメージを抑えたいところなので、このような特徴のあるウルトラゼットは画期的な方法だと言えるでしょう。

他の脂肪吸引に比べてダウンタイムも短くて済むというメリットがあります。内出血と腫れは大体5~10日ほどで治まります。

筋肉痛のような痛みが3日ほど続きますが、日常生活に支障がない程度です。我慢できない痛みがある場合は、病院から処方される鎮痛剤を服用しましょう。

シャワーは、傷口に防水テープを貼った状態であれば、施術当日からOKですが、入浴は施術からおよそ1週間後の抜糸の後から可能となります。軽い運動なら施術後およそ1週間から可能となります。

手術後の回復を良くするために、飲酒や喫煙は控えたほうがよいでしょう。他の脂肪吸引手術と比べて、ダウンタイムの症状が軽いので、普段とそれほど変化なく過ごすことができます。短期間で施術前と同じ状態になれるので、なるべく早く復帰して仕事を始めたいという人でも安心して受けられるます。

ただし、ウルトラゼットは、日本での症例はまだまだ少なく、安全性の面での不安があるとされています。そのため、施術を受ける際には、信頼できるクリニック・医師を選ぶ必要がありますが、扱っているクリニック自体が少ないため、その他の施術に比べて比較が難しくなっています。

当相談所ではウルトラゼットの名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*