脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ウルトラゼットのアフターケア【腫れや内出血を防ぐ圧迫などの知識】

ウルトラゼットのアフターケア、どうする?

ウルトラゼットは、最新の脂肪吸引法です。

この施術は、まず、超音波で脂肪を溶解してからカニューレで脂肪を吸引します。
効率よく多くの脂肪を吸引することで注目を集めています。

また、この施術は、今までの脂肪吸引に比べて痛みや内出血、腫れを抑えることが可能だといわれています。

多くの脂肪を吸引することができるということは大きなメリットになりますが、過剰に脂肪を吸引してしまう危険性もあります。
失敗を防ぐためには、技術力があり、経験豊富な医師がいるクリニックを選ぶということが重要です。

脂肪吸引の施術は、施術後に皮膚が凸凹になってしまうことがありますが、この施術では術後に皮膚が凸凹になってしまうのを防ぐ作用があるので、安心して施術を受けることができます。

ダウンタイムも通常の脂肪の吸引と比べると短いといわれているウルトラゼットですが、アフターケアは必要なので、カウンセリングのときなどにアフターケアの注意点はしっかり聞いておきましょう。

ウルトラゼットのアフターケア

圧迫とマッサージが仕上がりを変える

多くの脂肪を吸引することができるウルトラゼットの施術後は、どのようなアフターケアが必要なのでしょうか。

ウルトラゼットは、他の脂肪吸引に比べるとダウンタイムが少なく、個人差はありますが一般的ダウンタイムは2週間前後といわれています。

施術後は、施術を受けた部位に内出血やむくみ、腫れなどの症状が現れます。

施術を受けた部位をサポーターやガードルなどで圧迫すると回復が早くなるので、一定期間は圧迫装具を装着しましょう。

圧迫をとると患部に違和感が起こることがあるので、一定期間が過ぎても圧迫装具をつけている人も少なくはありません。
また、患部は、術後1週間ほど経つと固くなってきます。

これをそのままにしておくと皮膚が凸凹になることがあるので、腫れがひいてから1ヶ月~2ヶ月は患部のマッサージは欠かさないように行いましょう。
強い力でマッサージを行うと刺激になり、体に負担がかかるので、マッサージは優しく軽い力で行うようにしましょう。

内出血やむくみ、腫れ

ウルトラゼットは、韓国で開発された脂肪吸引マシンで、超音波の力で脂肪を溶かして、カニューレで溶かした脂肪を吸引します。

脂肪を液状化するので、一度にたくさんの脂肪を吸引することができます。脂肪を液状化することで周辺の組織に付ける傷を最小限に抑えることができるため、腫れ、痛みや出血なども少なくて済むというメリットもあります。

これまでの脂肪吸引よりも一度にたくさんの量を吸引することができるウルトラゼットですが、施術後はどのようなアフターケアが必要なのでしょうか。

施術後は、脂肪吸引を受けた部分に内出血やむくみ、腫れなどの症状があらわれます。

それらの症状の回復を早めるたり、楽にするために、ガードルやストッキング、サポーターなどの、圧迫装具を着用する必要があります。

医師の指示に従って一定期間は圧迫装置を装着し続けましょう。圧迫をとると違和感を感じることが多いので、半年くらいはサイズを変えながら圧迫を続ける人もいます。

また、患部は約1週間ほど経つと固くなってきます。

これを拘縮といい、一部の脂肪がなくなった状態に細胞が慣れていないことで起こる現象です。

術後1~2ヵ月間はマッサージをすること

この状態を放置しておくと皮膚が凸凹になることがあるので、腫れがひいた段階から1~2ヵ月間は、患部のマッサージを欠かさないように行いましょう。

マッサージは体に負担がかからないよう優しく軽い力で行うようにしましょう。

また、入浴や運動、飲酒、喫煙はある程度制限されるので、医師の指示を守って過ごしましょう。

ウルトラゼットの脂肪吸引は施術が終わってからのアフターケアによって仕上がりの満足度に差が出てきます。

アフターケアの指導にも力を入れているクリニック・ドクターを選ぶことが成功の秘訣です。

当相談所ではウルトラゼットの名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*