脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ウルトラアクセントのダウンタイム、痛みはどのくらい?

ウルトラアクセントとは、超音波を使用して脂肪細胞を破壊していく医療機器で行う美容医療の一つです。

美容医療で多いのは脂肪吸引などですが、この方法だと何度も極細の管を体内に差し込んでごしごし吸引することで体にかかる負担やダウンタイムなども長くなります。

ウルトラアクセントは、脂肪吸引のように切開施術を行わないまま脂肪細胞を破壊する超音波を照射することで脂肪細胞を減少する効果が生まれるので、その他の筋肉組織や神経や血管などを傷つけることなく高い効果を期待できます。

太ももやお腹などの脂肪量が多い部分だけでなく、二重あごやほほといった顔の施術も可能ですので小顔効果も期待でき、脂肪量が少ない部位の部分痩せも可能です。

では、ウルトラアクセントにおけるダウンタイムはどの程度あるのでしょうか。

その他にも、デメリットやリスクについても把握しておくと、施術を受けようと考えた時の参考になりますのでしっかりと理解しておくようにしましょう。
ウルトラアクセントのダウンタイム

効果範囲の自由がきく

ウルトラアクセントの超音波に破壊された脂肪細胞は、リンパや血液を通してやがて体外に排出されます。

脂肪細胞の多いお腹や太もも、おしりなどはもちろん、顔などの脂肪が比較的少ない部分の施術も可能なほか、部分痩せや小顔治療にも有効だとされています。

ウルトラアクセントは、従来の痩身術である脂肪吸引のような体にかかる負担やダウンタイムが非常に少ないことが特徴です。

施術時間も短いため痛みや内出血、腫れといった症状はほとんど出ることは考えなくて良いでしょう。

ただ、施術を担当する医師の技術力に左右されますので、場合によって腫れが出るなどの症状が出た場合は修正施術が必要になることもあります。

身体への負担やダウンタイムが少ないということはそれだけ効果も低いということであり、通常の脂肪吸引法に比べると痩身効果は低く、一度の施術ではあまり効果が得られないこともあります。

また、施術部位によっても費用が異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*