脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ウエストの脂肪吸引の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

ウエスト周りは脂肪が蓄積しやすい部分であり、脂肪吸引を行うことで大きな成果を得られやすい部分です。

カニューレの挿入する位置が複数個所になることも多いですが、大きく切開することはないためそれほど目立つ傷にはなりにくい特徴があります。

ボディデザインを考えてくれる医師が行ってくれれば、バランスが良くなるように手術を行ってくれますが、失敗する場合は取り残しがあったり脂肪吸引が不十分で、ウエストラインがきれいにくびれないことがあります。

左右のバランスが異なってしまうと違和感を感じますし、あまり脂肪を取り除きすぎてしまっても皮膚がたるんで残ったり、出血がひどく輸血が必要になるなど命にかかわってきてしまうこともあるため、体のバランスを考えて適切な手術を行ってくれる医師に担当してもらうと安心できます。

脂肪吸引の設備機器を十分に取り扱えない医師などにあたることがないように、名医がいるクリニックを探すことは成功のために欠かすことができない要素です。

ウエストの脂肪吸引の失敗としてあり得る事

上手な医師・クリニックの特徴

脂肪吸引が上手な医師の特徴の目安として脂肪吸引の修正がうまいことが挙げられます。

脂肪吸引の修正はクリニックや医師によっては断られる難易度の高いことによります。

よって医師に求められるのはその最新のボディデザイン技術を活用することが実際駆使できるかにかかっています。

うまい医師なら初めて吸引した場合綺麗なラインに仕上がる確率が高いとされます。

しかも他の病院の失敗の修正の場合初回よりも難易度が高いので修正がうまいこと自体が上手な医師の特徴となるポイントです。

基本的に修正に有効なベイザーリポもドクターの経験や技術力がなくては扱えない点も挙げられます。

また施術の手順における選択のさじ加減の絶妙さが重要なポイントでこのスキルで成功と失敗が分かれるとされます。

また経験から得た知識と技術を会得した医師であることも修正の意味からも上手な医師の特徴と言えます。

診察で一人ひとりの症状に最適な対処法をご提案できる知識も求められる特徴となります。

具体的には話が伝わりやすく説明にも納得できるドクターであることは仕上がりのイメージの違いがないとされます。

また例外として上手な医師の技術以外も施術の機器の充実性も重要でこれがないため上手な医師でも修正ができない点があります。

施術の危険性・失敗例を理解する

ウエスト脂肪吸引の方法はいくつかあって、カニューレを使い直接吸い出したり、脂肪を薬や超音波などで一度溶解してから吸引する方法です。

溶解してからのほうが出血量も少なく安全性が高い方法ですが、失敗してしまう例もあります。

ウエスト付近には重要な内臓が密接してしまいますから、少しでも機器の取り扱いを誤ってしまえば内臓を傷つけてしまうことがあります。

腫れや炎症を起こしたり臓器不全に至ってしまうと大変です。

出血を伴うと血管内に脂肪が入ってしまい、固まって詰まる危険もあります。血管が詰まると心臓や脳などにも影響が出てしまう可能性があります。

手術の際には麻酔による事故も心配で、いつまでもしびれたような感覚が残ってしまったり、呼吸不全やアナフィラキシーショックを起こす人などもいるため、脂肪吸引の名医とともに優れた麻酔科医がいるクリニックにて手術を受けるべきです。

失敗を回避してウエストラインを美しくしたい希望を持っている方には、脂肪吸引の名医を相談所にてご紹介できるので、気軽にご連絡ください。

ウエストの脂肪吸引の失敗

知っておいてほしい、ウエストの脂肪吸引の失敗。「傷口」について

吸収する管で傷口が残ることがあります。

ウエストの脂肪吸引は体内に脂肪を吸収する管をさし、余分な脂肪の除去を行います。

管を体内に入れる際に開ける穴は小さく開けるのが基本なのですが、太いタイプの管を選ぶと穴も大きくなり目立つ傷口が残ってしまうことがあるのです。

女性ですとお腹に傷口が残ると、水着の時など外から見えてしまいます。

太いタイプの管は早く脂肪を除去する効果がありますが、傷が残らないようにするには細いタイプの管を選ぶようにしましょう。

脂肪を吸引することで、でこぼこができる

ウエストの脂肪吸引は複数回に分けて脂肪を吸引するのではなく、1回で大量に脂肪を吸引して除去していきます。1度に体内の脂肪を管で吸い出すことにより、腹部にでこぼこができてしまう場合があります。

でこぼこができてしまうのには、施術者の技術不足が関係しています。表面が滑らかな状態にするには、平均的に脂肪を吸引しなくてはなりません。

これは技術的な高度であるので、未熟な施術者に当たってしまうと表面が滑らかな状態になりません。

脂肪が減ることでたるむことがある

余分な脂肪を体外に出すことでウエストの脂肪吸引はお腹を細くしますが、体内にあった脂肪が減った分だけ皮膚がたるむことがあります。

余分な脂肪がついていた状態は皮膚が伸びた状態でもあったため、脂肪が減ることで隠れていた皮膚のたるみも分かるようになります。

たるみを目立たなくするには、極端に太っていない体の状態の時に施術を受けることが一番です。太りすぎた状態だと皮膚の伸びもひどく、除去後のたるみも目立ってしまいます。

おすすめは評判の良いクリニックで受けること

お腹に傷口、たるみ、でこぼこを作らずにウエストの脂肪吸引をするためには、施術に対しての技術が高い評判の良いクリニックで受けることがおすすめです。

実際の施術の腕が確かなクリニックで受けることで、失敗なくお腹を細くできます。

クリニックを決める際には、値段の安さを見て決めてしまう方も多いでしょう。

値段の安い分、技術の腕の未熟な人材ばかりの所がほとんどです。料金が高くても、しっかりした人材がいるクリニックに依頼しましょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

おすすめのクリニックの基本的な傾向としては価格設定は適切かどうか。

イメージしやすい説明をしっかりできるか。施術とアフターケアについて適切に行ってくれるか。

などの点がおすすめのクリニックであるかどうかの目安であることになります。

よって安いだけで美容外科選びをしないことが挙げられます。その理由は施術を行う医師の腕がよくないことが多いからです。

結果脂肪吸引した後の皮膚が凸凹になってしまい美しくない仕上がりになってしまうというトラブルが数多く発生する率が高いとされています。そのため適正料金であることは重要な点です。

また治療内容が負担がないものであることも進められるポイントとなります。

また名医がいることも大切ですが取り扱いしている機器が充実していることもおすすめのクリニックかどうかの基準の一つとなります。

また脂肪吸引を受けようとしている本人も脂肪吸引の情報を調べてメリットデメリットを把握しておくことも大切です。

カウンセリングや説明でわからない点があるかどうかの判断力はそれらの知識で賄うからです。

よって知識がある上でクリニック側に不備がないかを見定める点も本当におすすめであるかどうかの判断材料となります。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*