脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

スマートリポのダウンタイムの日数とは

スマートリポは別名、脂肪溶解レーザーとも言われる、脂肪吸引法の1つです。
レーザーで脂肪を溶かすだけで、痩身効果を得られます。
従来の脂肪吸引法の場合、カニューレという器具を挿入し脂肪を吸引しなければ、痩身効果を得られません。
筋肉や血管といった他の組織についている脂肪を、いわば無理やり引き剥がすような形となる為、内出血や腫れといったダウンタイムは免れなかったのです。
一方、スマートリポの場合はレーザーで脂肪を溶かすのみとなっています。
脂肪を吸引しない施術なので、今までの脂肪吸引法では強く現れていた、内出血や腫れといった症状が出にくい点が特徴です。
溶かした脂肪はそのままにしておいても、老廃物として体外に排出されたり、吸収消化されるのでしっかり痩身効果を得られます。
お腹回りや太ももといった体の脂肪だけでなく、ダウンタイムが少なく、傷跡が残る心配がほとんど無いという事から、顔の脂肪吸引にもスマートリポは選ばれています。
スマートリポのダウンタイム

施術方法について

スマートリポは脂肪吸引法の1つですが、従来の脂肪吸引法のように脂肪を、吸引して取り除く施術は行いません。
レーザーを脂肪細胞に照射し、溶かす事で痩身効果を得るのです。
脂肪のレーザーを当てる為、特殊なファイバーを挿入する必要はありますが、ファイバーは極細で直径はわずか1ミリ以下です。
ですので、皮膚を切開する範囲が非常に小さく、他の脂肪吸引法に比べダウンタイムが短いと言われています。
しかし、体に施術を行うという以上、ダウンタイムはつきものです。
スマートリポの場合、腫れや内出血、痛みといった症状を感じるケースが多いようです。
このような症状は個人差はあるものの、約1週間程度で収まります。
しかし、この日数は腕の良い医師による施術を受けた時のみです。
技術の低い医師が施術を行った場合、よりダウンタイムが長くなってしまう恐れがあるので注意しましょう。
施術を受ける際は、熟練した技術を持つ医師を、選ぶ必要があります。
当相談所では名医と言われる医師をご紹介していますので、ご気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*