脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

理想のボディラインに!シリンジ脂肪吸引の効果

痩身手術をやる場合に脂肪吸引をしますが、切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引とに施術方法が分かれます。

メスで切らずに脂肪細胞を破壊して痩身効果を得る治療法としては有名なものではボトックス注射などがあります。
そして、シリンジ脂肪吸引は皮膚を切開してカニューレという管を使って脂肪細胞を吸引する切る脂肪吸引方法となります。
切開するとはいっても管はとても細いので出来た穴も医療ボンドで止めればよいだけの小さなもので、跡が残る心配はありません。

通常は吸引は機械で行なわれるのですが、シリンジ脂肪吸引はシリンジという手動の吸引器で手作業で行ないます。機械と違って吸引の量を細かくチェックできるため微細に量を調整でき、マイルドな手術となります。数CC単位から調節できます。

身体への負担が軽く、内出血や腫れが少なくて済みます。通常ではとりにくいような部分の脂肪も手動のためしっかり取ることができるため、効果は抜群なのです。

sirinjinokouka

大量吸引には向かない

シリンジ脂肪吸引は手作業での吸引方法です。通常は掃除機のような大きな吸引器が使われます。そのため雑に吸い込んでいきます。しかし手作業で微調整しながら行なうということで微妙なデザインの再現が可能となっているのです。
患者の希望する理想の形を実現することができ、効果が実感できます。

ただ、大容量の吸引器でしないため吸引できる量は限られます。大量に脂肪吸引をしたいという場合にはシリンジ脂肪吸引法ではなくその他の方法を選んだほうがよいでしょう。顔などの小さな部分に使われる場合がほとんどです。

ダイエットで頑張って痩せたとしても脂肪の数は変わらず、ただ脂肪細胞が小さくなっているだけです。そのためちょっとでも怠けてまた脂肪細胞が大きくなればリバウンドして元通りです。

しかし脂肪吸引すると脂肪細胞自体が減るためリバウンドはありません。太りにくくなるのです。ダイエットではできない部分痩せできるのも脂肪吸引ならではの効果なのです。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*