脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

脂肪吸引の失敗5つと修正手術が上手い病院のご紹介

脂肪吸引の失敗と再手術に関する情報をまとめます

このページでは脂肪吸引について、マル秘情報を提供しています。

脂肪吸引で希望するボディラインを手に入れることが可能です。

脂肪吸引を行いたいと考えた際、意識しておきたいのが、失敗の可能性です。

その為、カウンセリングの際に、メリットばかりを強調するクリニックよりも、失敗やトラブルの可能性があるという事をしっかりと説明してくれるクリニックを選ぶようにする事がお勧めです。

トラブルの説明があるという事は、その後の事までしっかりと考えてくれているクリニックの証明となります。

脂肪吸引を成功させるためには、技術の高い医師による施術が必要ですが、万が一、施術を行なった医師に経験や技術が足りない場合、術後の仕上がりに大きな差がでてしまいます。その場合は、修正することも可能です。

脂肪吸引の修正

失敗例もある?脂肪吸引の修正は医師の腕前の口コミをチェックしてから!

短期間でつらいダイエットなしに確実に部分痩せできるのが脂肪吸引の魅力です。

お腹や二の腕、太ももなど気になる部分の脂肪をスッキリさせることができるので、何をやっても痩せなかったという人が最後の砦として選ぶのが脂肪吸引です。

しかし、皮下脂肪を吸引するという単純なことのように思える手術も、しっかりとした技術のある医師のもとで行わなければ思わぬ失敗を招き、修正せざるをえないという結果になってしまうことも考えられます。

知覚異常や感覚異常など、後遺症となってしまう失敗例もありますが、それよりも見た目が悪いといったケースが多いのが脂肪吸引の特徴です。

具体的な修正が必要なケースには、吸引後の患部が凸凹してしまい、固さや違和感がある、お腹など左右対称ではなくアンバランスになってしまう。

手術の傷跡が目立つ、脂肪の取りすぎによる皮膚のたるみが発生してしまうなどがあります。

取れるはずの脂肪を取り残していたり、思ったような効果が出ていないと、他のクリニックで修正を希望する場合もあります。

こうしたトラブルの多くが医師の未熟さや経験の浅さが原因で起こってしまうものです。

脂肪吸引は決して簡単な手術ではありませんので、慎重に信頼のできる医師を選ぶことが、失敗や修正を避けるためには必要です。

脂肪吸引の失敗

皮膚が凸凹になる

脂肪を吸引した後に起こる問題の一つに、でこぼこがあります。

カニューレと呼ばれる専用の器具で体内の脂肪を直接吸い出していく脂肪吸引の施術は、簡単に脂肪を減らせる事がメリットですが、吸引の仕方によっては、皮膚が凸凹になってしまい、見た目が悪くなってしまう可能性があります。

セルライトのようにでこぼこになってしまうもので、原因は医師の技術不足や吸引器の古さが考えられます。

いくら値段が安くても結果に問題があれば意味がありませんので、安心できるクリニックと医師を選ぶことが本当に大切です。

万が一このような状態になってしまった場合は、脂肪注入や脂肪を溶解する施術などを行なって修正をしなければなりません。

内臓等を傷つけてしまう

更に、部位によっては内臓等を傷つけてしまう可能性もあります。

技術が下手だと起こり得ます。

取り残し

脂肪吸引で取り残しが起こるのは古いタイプの施術機械を使用していたり、十分な手術時間が確保されていない際に起こり得ます。

脂肪吸引の失敗として考えられる、「左右差」がでるってどういうこと?

脂肪を減らしたいと考えている方は多いでしょう。
簡単に脂肪を減らす方法の一つに、脂肪吸引があります。
ダイエットをすることなく脂肪を減らすことができますので、人気がある方法です。
しかし、足や胸や頰などに行なった場合、左右差ができてしまうことがあります。
原因は脂肪の取り過ぎが考えられます。
吸引器が古い場合や医師の技術がない場合によく起こります。
起こってしまった場合には、良質な脂肪を補充します。

脂肪吸引施術によるたるみ

脂肪を吸引すると、たるみが起こることがあります。
今まで脂肪があった部分に脂肪がなくなってしまうと、たるみが起こります。
ゆっくりと時間をかけて皮膚が戻っていくのですが、加齢や吸引量で変わってきます。
特に、太ももやおしり、下腹部や二の腕などに現れます。
早く改善したい場合は、皮膚の状態を整えて皮膚のターンオーバーをしっかり行なうことが大切です。
運動やストレッチをするのもいいでしょう。

脂肪吸引の修正のマル秘とは?

脂肪吸引の修正についてまとめます。

脂肪吸引の修正のマル秘その1 脂肪の取り残しの修正

脂肪の取り残しの修正をする際は再度、脂肪吸引を行うことで修正が可能となります。

脂肪吸引の修正のマル秘その2 しこりやひきつれ

脂肪吸引後に過剰圧迫や血腫などの合併症の併発により、しこりやひきつれが生じることや、脂肪吸引の施術を受けてもラインが引き締まらず、頬に凸凹ができてしまうなどの症状が起こり得ます。

その場合には、マッサージや温熱療法などのアフターケアで修正をします。

脂肪吸引の修正のマル秘その3 吸引部の凸凹、ボディラインの不自然さ

吸引部の凸凹、ボディラインの不自然さなどの術後の症状を修正する手術はクリニックによってはうけることが可能です。脂肪溶解注射で凹凸を改善するか再度脂肪吸引を行います。

これらを避けるためには高い技術のある医師を選ぶことが必須で、万が一失敗しても修正が可能なクリニックはあります。

おすすめのクリニックはこちらからご相談を

脂肪を吸引することは、簡単に脂肪を減らすことができますので、良い施術方法ですがリスクもあります。

腕のいい医師を見つけて、新しい吸引器が取り入れられているクリニックを選びましょう。
手術は医師の技術が大きく関係していますので、信頼できる医師を選ぶことが何よりも大切なのです。

どのクリニックを選んだらいいのかわからない場合は、名医がいるおすすめの美容外科を紹介していますので、お気軽にご連絡ください。

上手な医師・クリニックをご紹介しております

美容整形の手術というのは体の悪いところを治す医師とはまた違ったアプローチでコンプレックスを感じている人を助けるために行うものです。

美しさや若さといった基準は人それぞれですので、美意識やデザインをする力というものも同時に必要になってきます。

個人的なコンプレックスを解消するために、美容整形を受けるので、この意識を理解して寄り添ってくれる医師を探すことが失敗を避けるための唯一の方法です。

脂肪吸引が上手な医師というのは、ただ脂肪を取ればいいという考えではなく、どこをどれくらいとれば理想に近づくか、といった具体的な計画が立てられる人であるはずです。

丁寧に手術を行ってくれることはもちろん、患者にもきちんとリスク説明や術後の注意、カウンセリングをしてくれるというのも、脂肪吸引に関わらず美容整形全般で必要なスキルになります。

脂肪吸引は最初の手術よりも修正でもう一度同じ場所の手術を行う方が難易度が高くなります。

もう一度理想の体型を手に入れるために脂肪吸引を受けたい、と願う場合は特に慎重に医師選びをしなければけません。

そのために、正しい情報を集めることや実際にカウンセリングを受けてみることなど、妥協しない姿勢も必要です。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果

脂肪吸引の失敗 箇所・部位別

脂肪吸引の箇所・部位別に下記の種類があります。脂肪吸引の失敗において参考になりますので個別のページをご参照ください。

脂肪吸引の失敗 顔(頬)

顔(頬)の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 顔(顎)

顔(顎)の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 二の腕

二の腕の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 胸部

胸部の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 背中

背中の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 お腹(腹部)

お腹(腹部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 ウエスト

ウエストの脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 腰(腰部)

腰(腰部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 お尻(臀部)

お尻(臀部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 太もも

太ももの脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 ひざ

ひざの脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 ふくらはぎ

ふくらはぎの脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 足首

足首の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引の失敗 足(脚)

足(脚)の脂肪吸引 解説ページへ進む

脂肪吸引のご相談はこちら

脂肪吸引をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*