脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

背中の脂肪吸引の修正方法とは

自分の後ろ姿というのはなかなか見ないものですが、お店のウィンドウなどに映った自分の背中を見てギョッとした経験はないでしょうか。ブラジャーが背中の肉に食い込んでいて、それが傍目にもはっきり分かる状態だとかなりみっともないですよね。
自分は今気が付いたけれど、周りの人はいつもそれを目にしていたことになります。
落ち込んでなんとかしようと思っても、背中の肉を取るにはどうすれば良いのか分からないのではないでしょうか。
ダイエットをしても痩せるのは難しいと思いますし、エクササイズでどうにかするには時間がかかりすぎます。
今すぐ解消したいと言う場合は、美容外科での脂肪吸引が最も確実で即効性がある方法です。
しかし、リスクもあるのが美容整形です。失敗したらどうなるのでしょうか。失敗した場合、修正は可能なのでしょうか。
そのような心配があり、手術を受けることをためらってしまう人も多いでしょう。
正しい知識を身に付け、不安や疑問を解消して安心して脂肪吸引手術に臨みましょう。
背中の脂肪吸引の修正

見た目ほど脂肪が無い部位

背中の脂肪吸引は麻酔を行った後に皮膚を切開して、そこから管で脂肪を吸引していく手術です。
切る場所は目立たない箇所なので、安心です。
術後1~3日目は強い痛みが出ますが、鎮痛剤でコントロールすることができます。
一週間程度で痛みが治まり、普通の生活に支障がなくなってきます。
約1ヵ月後には効果を感じることができるようになります。
背中の脂肪吸引のリスクとして、切開の際に神経を傷つけてしまうとしびれが残ることがあるようです。
トラブルとして多いのは、効果が感じられなかったという例です。
医師の技術不足で脂肪がきちんと取り切れていなかった場合は、修正手術が可能ですが、もともとの脂肪が少ない為、効果が感じられなかったということがほとんどです。
もともと背中は、脂肪が少ない部分です。
つかむと脂肪がたくさんついているように感じますが、皮膚が厚い為、そう感じるのです。
カウンセリングをうける際に、脂肪吸引を受けることで、どの程度の効果が期待できるのかをきちんと聞いておきましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*