脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

リジェンスリムを選ぶメリットとは

最近、痩身法が注目されています。ポイントは、痩身したい部分の脂肪細胞を減らせばよいのですが、その中でも、方法が大きく二つに分かれています。一つの方法は、切る方法です。切るといっても昔のようにメスを使って、切り開き、細胞をかぎ出すのではなくて、具体的には、小さな穴を空けて金属の棒を挿入し、そこから高周波またはレーザーを照射して脂肪を溶かして、金属の棒から吸引する方法です。しかし、小さな傷が残ってしまいます。もう一つは、切らずに、痩身したい部分の上の皮膚に装置を押し付けてそこから高周波や赤外線を照射して、脂肪を溶かす方法です。溶かした脂肪はそのままエネルギーとして消費されるか、または、尿や便として自然に体外に排出される方法です。しかし、傷は残りませんが照射だけなので効果が少ない場合があります。ところで、リジェンスリムはその両方を兼ね備えているのがメリットです。つまり、リジェンスリムは切るのではなくて、脂肪を溶かす注射をすることにより、そこから確実に脂肪を溶かし確実性に脂肪分を溶解することができます。さらに、注射なので、傷は全く残りません。それが、リジェンスリムのメリットです。
リジェンスリムのメリット

注射1本で効果が出る

リジェンスリムのメリットは、カニューレを入れたりせず傷がつかず、しかも、皮膚の上からの高周波の照射するだけとは違うために、確実に脂肪細胞に届き、傷跡が残らないのが特徴です。リジェンスリムのその方法は、気になる場所に、脂肪溶解注射をするだけです。しかも、その脂肪溶解注射には、脂肪を分解・燃焼させるための3つの成分が入っています。一つは、脂肪を分解する主成分のホスファチジルコリという物質です。これで脂肪を分解します。次に、ホスファチジルコリで分解した脂肪の代謝を助けるのがL?カルニチンとインスリン類似成長因子です。身体の退社を良くして分解された脂肪を燃焼させます。つまり、注射一本で、確実に脂肪に溶解液を到達させて脂肪を分解し、その分解された脂肪を燃焼させる液も送り込むので、確実に脂肪を減少させることができるのがメリットです。さらに、主成分のホスファチジルコリは、大豆由来ではないので、大豆アレルギーのある人でも安心して使えます。このように、注射一本で確実に脂肪を溶かすために、顔や二の腕、おなかや背中など、お尻、太ももなど、どこでも簡単に部分痩せができるのがリジェンスリムを選ぶメリットです。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*