脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

知らずに受けるの?リジェンスリムのデメリット

通常のダイエットでは部分的に脂肪を取り除くことは簡単ではありませんが、美容医療を利用すればやせたい部位だけをピンポイントで痩せさせることが可能となります。脂肪吸引は特に脂肪を取り除く効果が高い方法ですが、身体への負担が気になる、ダウンタイムが長くなるのは困るという人もあるのではないでしょうか。そういった場合におすすめしたいのがリジェンスリムです。リジェンスリムは美容大国韓国で生まれた施術で、脂肪を吸引するのではなく、痩せたい部分に注射を行うことで、その部分を痩せやすくしてくれる施術です。高純度のフォスファチジルコリンが脂肪を融解し、カルニチンは脂肪を燃焼させるのを促進させてくれます。切開する必要はないので、傷跡が残る心配もなく、短時の施術ですみ、ダウンタイムを短く抑えられるのもメリットです。身体への負担が少ないことで人気の高い治療ですが、メリットだけではなくデメリットがないかもよく確認しておきましょう。
リジェンスリムのデメリット

リスクと効果の具合で施術を比較検討する

リジェンスリムは顔の施術に使われることが多く、注射だけで手軽に小顔を得ることができます。
リジェンスリムは脂肪溶解注射の中でも特に腫れが少ないことでも人気となっていますが、治療前にはそのリスク、デメリットについても知っておきましょう。
まず、腫れや痛みが少ないとはいえ、やはり施術後はある程度の痛みや腫れがあることは理解しておきましょう。
そして、脂肪吸引のようにすぐに結果が出るのではなく、効果はゆっくり出るもので、即効性があるわけではありません。
さらに効果には個人差がありますので、人によっては思うような効果が得られない可能性もあります。
医師の技術が不足している場合はきれいな仕上がりにならなかったり、ダウンタイムが長くなってしまう可能性もあります。
注射だけなので手軽に行える治療というイメージもありますが、医師の技術力でかなり仕上がりにも差がありますので、修正などが必要ないよう、医療機関選びは慎重に行っていきましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*