脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

レーザースタイリングで失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

レーザースタイリングは新型のレーザーを使用して行う痩身治療で、部分痩せをするのに向いている施術です。

レーザースタイリングは、施術を1回受けただけで効果が実感出来るという即効性のある点が魅力的で、あごや頬などの部分にも施術が出来ることも特徴となっています。

この施術の優れている点には、脂肪吸引と同じ位の量の脂肪を除去したとしても、内出血や痛みが少ないという点もあり、患者さんに優しい治療と言えます。

この施術をする時には、麻酔をしてから治療したい部位に5mm以下ほどの小さな穴を開けて、そこから管を入れてレーザーを照射し、その熱で脂肪を溶かすという方法をとります。

極小の穴を開けての施術となるので傷跡も小さく、医師がなるべく目立たない位置に穴を開けるため、術後に目立つ傷跡が出来ないことも嬉しいポイントです。

レーザースタイリングは安全性が証明されている美容治療ですが、万が一の失敗を避けるためには経験豊富な医師のいるクリニックを選んで利用するのが安心と言えるでしょう。

レーザースタイリングで失敗したくないなら

上手な医師・クリニックの特徴

レーザースタイリングによる修正は脂肪細胞に直接レーザーを照射することで脂肪細胞の数を減らして痩身効果を得ることができます。

どこにレーザーを照射するのか、また、どの程度レーザーを照射するのかは医師の経験と技術に依存します。

そのため、経験豊富な医師が施術を行わないと上で説明した失敗事例のようになってしまう可能性があります。

上手な医師の特徴としては、まずはじめにレーザースタイリングに関するカウンセリングをしっかりと行ってくれるという特徴があります。

事前にカウンセリングをしっかりとして患者さんのイメージをきいておかないと、どのように施術を行えばよいかが医師にもわからないからです。

それを把握するために、上手な医師はしっかりとしたカウンセリングを行ってくれます。

さらに、上手な医師は、レーザースタイリングによる修正のメリットだけでなく、デメリットもしっかりと説明してくれます。

デメリットまで説明してくれるのは本当に患者さんのことを考えているからです。

また、レーザースタイリングによる修正に関する知識が豊富で自信があるからこそ、デメリットまで含めて説明してくれると言えます。

無理な施術を決して勧めず、デメリットまで把握した上でそれを上回る効果を得られると判断できるときだけ施術を行うのが上手な医師の特徴です。

失敗例について。カウンセリングをしっかりと

レーザースタイリングのメリットには、治療を行った部位に、脂肪吸引で脂肪を取った後のような皮膚のたるみが出にくいということもありますが、これはこの施術だとコラーゲンの増生が促進されるからで、痩身効果と皮膚の引き締め効果が同時に得られるため、仕上がりが美しいのが魅力です。

レーザースタイリングは高出力のレーザーで施術を行うので、脂肪が溶けないなどの失敗はほとんどありませんが、この施術を多く扱ったことがある医師に治療を受けるなら慣れているので更に安心でしょう。

また、この施術を受けて失敗したくないなら、治療前のカウンセリングをしっかりとしてくれて、患者さんの希望をよく聞いてくれる医師に頼むのがおすすめです。

経験と知識が豊富な医師なら、レーザースタイリングでそれぞれの患者さんにどの位の痩身効果が出せるかを判断出来るため、もしも患者さんの健康状態や皮下脂肪の状態などから診て、実現が難しい量の脂肪を取りたいという希望があれば、それは難しいとアドバイスしてくれます。

そのため、施術を受けたのにイメージ通りにならなかったという失敗も避けることが出来るので、この施術を受ける時には信頼出来る医師選びが大切です。

re-za-sutairingunoshippai

レーザースタイリングの失敗例、「たるみ」って?

肌にたるみが出ることもあるのが、脂肪吸引の治療です。

レーザースタイリングを行うことで、肌にたるみが出ることもあります。

特定の所を集中的に治療をすることによって起こる症状であり、未熟な医師の治療で起こることが多くなっています。

また、大幅に痩せることを目的とした治療を行った場合にも起こる可能性が高くなっているため、医師と相談しながら、田海が出ない治療を希望することが大切になっています。

また、たるみのケアをしてもらうこともできるため、ケアできる環境を見つけることも大切です。

体に左右差が出てしまうことがある

レーザースタイリングは、医師の治療の仕方によって、体のバランスが変になってしまうことがあります。

左右差が生じてしまうことがあり、見た目が変になってしまうことがあるため、左右のバランスを考えた治療をしていくことが重要です。

ただ痩せることを意識するのではなく、左右のバランスを整えるような治療を依頼することで、とても美しい体に変われるため、カウンセリングをしっかりとして医師に伝える必要があります。

でこぼこの皮膚になることもある

レーザースタイリング治療を行うと、皮膚の表面がでこぼこした状態になる場合があります。慣れてない医師が治療を行うことで生じることが多いトラブルになっているため、医師の治療実績などを見ておくことが重要になっています。

インターネットを使うと、たくさんの口コミサイトなどを探し出すことができるため、クリニックや医師の情報を比較して、よい治療ができるところを探すことが、とても重要になっています。

修正手術で注意すべきこと

レーザースタイリングの結果に不満があったり、過去の施術を修正したい場合は、修正技術に力を入れているクリニックを選ぶ事がおすすめです。

その理由としては、真っさらな状態からのレーザースタイリングではなく、施術を行った後の修正術が長けているからです。

ところが、技術が優れているクリニックを探す事は難しく、必ずしも簡単に見付かるとは限らない事が欠点になります。

優れたクリニックと医者探しが難しい原因は、レーザースタイリング自体の規模が小さく、これから広まって普及する施術方法だからといえます。

ただ、現状に不満を抱えていて、少しでも早く治したいのであれば、クリニックの比較や選択に時間をかける余裕はなくなります。

重要なのは情報を得る事で、クリニックに関する最新情報に詳しく、特定の分野が得意な医者がいる施設を絞り込む事がポイントです。

当相談所はクリニックや技術に対する理解が深く、悩みを抱える人からのご相談があれば、直ぐに希望通りのサポートを始める事が出来ます。

レーザースタイリングの修正

部分痩せにおすすめの治療

レーザースタイリングは、レーザーを直接脂肪に照射することで脂肪を溶かすような治療方法になっています。

部分痩せに効果的な治療法とされていて、二の腕などの痩せにくい場所を効果的に細くすることができます。

しかし、体に左右差が生じてしまうなどの治療に関するリスクも多数存在するため、名医に治療をしてもらうことや、保障制度が整っているところに治療をしてもらうことがおすすめであり、いろいろな情報を探しておくことが重要です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

レーザースタイリングは、脂肪細胞の数をレーザーで減らすためリバウンドしにくく、手軽に痩身効果を得ることができる施術です。

レーザースタイリングは、メスを使う施術には抵抗があるという方でもトライしやすい施術であると考えられてしまいがちです。

しかし、レーザースタイリングによる修正にも様々なリスクが伴うことをしっかりと認識することが大切です。

レーザースタイリングによる修正では、やけどの可能性もありますし、身体に凹凸ができてしまったり、左右のバランスが崩れてしまったりといった失敗例があります。

もちろん、効果を実感できない可能性もあります。レーザースタイリングのこうした失敗例は、技術と経験が未熟な医師が行ったために起こりがちなものです。

そのため、レーザースタイリングの施術を任せる場合には、経験豊富で技術力のある医師に任せるようにすることが大切です。

クリニックを選ぶ際には、機器の質は十分であるか、医師の症例数は豊富であるかなども重要なチェックポイントです。

当相談所ではおすすめのクリニックに所属する名医の紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。お客様が安心して施術を受けられるようにお手伝いをさせていただきます。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*