脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

レーザースタイリングのアフターケア、どんなことに気をつければいい?

一般的に負担は少ないですが、外科施術に分類されるレーザースタイリングは、アフターケアが傷跡の目立ちやすさを左右する事があります。
レーザースタイリングの魅力は、体に対する影響が最小限で、ダウンタイムも短くて済む点が優れています。
しかし、施術後に効果を発揮するレーザースタイリングは、アフターケアも効果に影響する事があります。
つまり、間違ったアフターケアは、効果を損ねる原因になる可能性があるので、医者の元で正しくケアを行う事が大切といえます。
ケアの基本はまず、施術を行った施設で経過の観察を受けたり、状態に合わせて薬を処方してもらう事が挙げられます。
また、効果に満足が得られない時でも、焦って不要な刺激を与えたり、無理に効果を引き出そうと考えない点がポイントになります。
医者が認めていない方法は、正しいケアと認める事は出来ませんし、かえって効果を阻害する害にもなり得ます。
大切なのは専門家に直接診てもらう事で、勝手な判断による自己ケアを行わない配慮が必要です。
レーザースタイリングのアフターケア

施術前後のケア

レーザースタイリングを受けた後、自宅で行うアフターケアとしては、施術当日から体を清潔に保つ事が一つ目になります。
入浴は通常、施術の1週間程度後まで制限があり、原則的には抜糸が完了してから入浴が行えます。
ただ、入浴を行う事は出来なくても、体を清潔に保つ事には意味があります。
レーザースタイリングは、傷跡こそ最小限の大きさで済みますが、小さくても傷が残る事は事実です。
体が汚れたままでは、傷に影響を与える事があるので、シャワーでも清潔に保つ心掛けが大事なアフターケアに変わります。
レーザースタイリングの影響から体を守るサポーターは、アフターケアとして着用が決められているので、これを守る事も患者の大切な努め一つになります。
医者が認めてない選択を行う際には、必ず医師に相談して尋ねたり、予め問題ない事を確認してから始める心構えが求められます。
翌日仕事に復帰したり、食事の制限も特にありませんが、過剰な運動やストレスになる外出は体に影響する事があるので、医者に確認を求めた方が良い注意点になります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*