脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

プラズマリポの名医探しのコツまとめ

プラズマリポ」は切らない脂肪吸引として、人気となっています。
通常、脂肪吸引では脂肪を吸引する器具「カニューレ」を、体の中に挿入する為、皮膚を切開する必要があります。
皮膚を切開・縫合するといった手術を行う為、施術後はどうしても腫れや痛み、内出血がありダウンタイムも長めです。

プラズマリポとはプラズマ光線を脂肪にあてることによって脂肪を溶解して除去する切らない脂肪吸引術です。針のような細いファイバーを脂肪層の中に直接挿入してプラズマ光線を照射します。

プラズマによって溶解された脂肪は吸引しなくても体内で徐々に減っていきます。痩身効果を実感できるのは、2~3ヵ月後となります。

この施術にはいくつかのメリットがあり、極細ファイバーでも脂肪吸引に近いほどの痩身効果が得られるというのもそのひとつです。

プラズマ光線は360度の方向に立体的に照射できるので、広範囲の脂肪に効果があり、高い痩身効果を得ることができるのです。

ファイバーの直径は注射針の太さと同じ程度の0.4~0.6mmなので、傷口も小さくて済みます。
一方、プラズマリポはプラズマ光線によって、脂肪を溶かし痩身効果を発揮する脂肪吸引法です。
カニューレではなくプラズマを照射する、ファイバーを体に入れます。

ダイバーは注射針くらいの大きさなので、体に穴を開ける程度の傷です。
大きく切開しないので、施術後の回復が早い点が特徴です。

また、無理やり脂肪を吸引しない事もあり、筋肉や神経、血管といった脂肪以外の組織を、傷つけにくい点がメリットと言われています。

ただ、医師の技術によって効果には差が出てしまいます。
プラズマリポで痩せたいという場合、名医と言われる医師を選ぶ事が成功への秘訣です。
プラズマリポの名医

新技術なので症例数を見る

プラズマリポはプラズマという、特殊な光で脂肪を除去する脂肪吸引法です。

皮膚を切開・縫合するといった手術は行わず、注射針くらいの器具を体に挿入するだけで、痩身効果を得られます。
傷口がとても小さいという事もあり、すぐに日常生活に戻れる、ダウンタイムの短さが魅力です。

ただし、施術を受けるにあたっては名医と言われるような、技術の高い医師を選ぶ事が必要不可欠です。
技術の低い医師が施術を行った場合、思ったように痩身効果が得られないケースがあります。
名医探しのルールですが、まず症例数をチェックしてみましょう。
プラズマリポはまだ新しい、脂肪吸引法です。

中にはさほど実績が無いのに、施術を行っている医師もいます。
数をこなしていないという事は、やはりそれだけ技術が身についていないと言えるでしょう。

ですので、症例数をチェックする事は大切です。
当相談所ではプラズマリポの名医といわれる、熟練した医師をご紹介していますので、ご気軽にご相談ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*